受難

受難

ジュナン

2013年12月7日(土)公開[R-15] / 上映時間:95分 / 製作:2013年(日本) / 配給:ファントム・フィルム

(C)2013姫野カオルコ・文藝春秋/「受難」製作委員会

解説 直木賞の最終候補になった姫野カオルコの同名小説の映画化に、新鋭・吉田良子監督が挑戦。セックスへの悩みが尽きない女の子と、彼女の“あそこ“に棲みついた人面瘡の奇妙な共同生活を描く。グラビアアイドルとして人気を博した岩佐真悠子が、過激な設定のヒロインをヌードも辞さない熱演で体現。『あまちゃん』の大友良英が音楽を担当している。

ストーリー 天涯孤独で修道院育ちのフランチェス子は、男女関係やセックスへの疑問で頭がいっぱいだった。そんなある日、彼女の“あそこ“に突然、人面瘡ができてしまう。しかもそのひねくれ者の人面瘡は、主人であるフランチェス子を“ダメ女“と罵倒し始め……。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全8件)