朽ちた手押し車

朽ちた手押し車

クチタテオシグルマ

2014年5月3日(土)公開 / 上映時間:134分 / 製作:1984年(日本) / 配給:アークエンタテインメント

解説 2013年4月に亡くなった三國連太郎が主演し1984年に製作されるも、これまで一般公開されていなかった幻の作品がついに公開。三國演じる認知症の徘徊老人を主人公に、高齢化社会や安楽死、介護などの社会問題をじっくりと見つめていく。当時61歳だった三國はメイクと演技で80歳の老人役を熱演。名優の入魂の演技を堪能できる作品だ。

ストーリー 新潟県親不知海岸では元漁師の安田源吾が老人特有の痴呆症を発症し、夜ごと、町を徘徊していた。妻のトミは長年連れ添った夫・源吾に憐れみの情がわき、家族は源吾の扱いに困っている。そんなある日、安田家の次男・弘が7年ぶりに都会から町に帰ってくる。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全8件)