書くことの重さ 作家 佐藤泰志

書くことの重さ 作家 佐藤泰志

カクコトノオモササッカサトウヤスシ

2013年10月5日(土)公開 / 上映時間:91分 / 製作:2013年(日本) / 配給:太秦

(C)タキオンジャパン

解説 『二重被爆』の稲塚秀孝監督が、『海炭市叙景』の原作者としても知られる小説家、佐藤泰志の生涯を、再現ドラマを交えて描いたドキュメンタリー。書くことに身を捧げながらも、文学賞に恵まれなかった不遇の作家の人生と素顔を明らかにしていく。名優・仲代達矢が語りを務め、再現ドラマでは加藤登紀子が佐藤泰志の母親を演じている。

ストーリー 体調を崩した母・幸子のために佐藤泰志は妻と子供二人を連れて、函館に帰郷する。同じ頃、泰志の書いた『きみの鳥はうたえる』が、芥川賞候補となっていた。やがて、東京で賞の選考について喧々諤々の議論が行われる中、泰志たちは受賞結果を待っていて……。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全7件)