連結部分は電車が揺れる 妻の顔にもどれない

連結部分は電車が揺れる 妻の顔にもどれない

レンケツブブンハデンシャガユレルツマノカオニモドレナイ

2013年3月30日(土)公開[R-15] / 上映時間:82分 / 製作:2013年(日本) / 配給:アルゴ・ピクチャーズ

解説 漫画家、エッセイスト、女優など多方面で活躍する内田春菊が、自作漫画『連結部分は電車が揺れる』を自身のメガホンで映画化したラブ・ストーリー。セックスレスの悩みを持つアラフォー専業主婦が、夫の浮気疑惑や、新たな男性との出会いなど紆余曲折を経て夫婦の絆を深めていく様子をユーモラスに描く。小松みゆきが主人公の女性を熱演した。

ストーリー アラフォー専業主婦の川島良子は、浮気疑惑があり、育児も手伝わない夫に嫌気が差していた。ある日、良子は気晴らしで始めたバイト先のカフェで、八幡という男性に出会い、ときめいてしまう。そして結婚してから今まで“女の顔“を忘れていた自分に気付き……。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全4件)