エレナー電気工業

エレナー電気工業

エレナーデンキコウギョウ

2011年12月17日(土)公開 / 上映時間:84分 / 製作:2012年(日本) / 配給:アートポート

(C)2011 アートポート/不動産鑑定ブレインズ

解説 ホラー、任侠アクションなどあらゆるジャンルを手がけてきた寺内康太郎監督が、どんな状況であってもパワフルに生きる“普通の男“の様を描いた意欲作。劇団・動物電気の松下幸史が、数々の困難を前向き思考&並外れた性欲で乗り越えようとする主人公・啓介を演じるほか、劇団・ブルドッキングヘッドロックの藤原よしこ、山本剛史らが出演する。

ストーリー 2005年の秋、父親の突然の死によって実家の小さな工場・エレナー電気工業を、兄とともに切り盛りすることになった啓介。百年に一度の経済危機で工場が倒産寸前に追い込まれるが、啓介は持ち前の人並み外れた性欲と前向きさを武器に工場を立て直そうとする。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全2件)