映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

人間失格

ニンゲンシッカク

解説

映画『赤目四十八瀧心中未遂』で数々の賞に輝いた鬼才・荒戸源次郎が監督を務め、太宰治の代表作であり、遺書的な自叙伝ともいわれる文芸大作を実写で映画化。原作者の太宰が自己を投影させたとされる破滅型の主人公役は、映画初出演にして初主演の生田斗真。演技派の共演者にも恵まれ、難役に挑むプレッシャーを見事に乗り越えて好演している。

ストーリー

津軽の資産家の息子・葉蔵は、鋭敏な自意識から人となじめず、お道化ることで何とか周囲となじんでいた。上京し、画塾で出会った6歳年上の堀木との交友を機に、酒や女におぼれる破滅の道を歩み、そのあげ句“人間失格“の烙印を自ら押すまでになってしまう。

2010年2月20日(土)公開 / 上映時間:134分 / 製作:2010年(日本) / 配給:角川映画

(C)2010「人間失格」製作委員会

(C) PIA

映画ナタリーをフォロー