真幸くあらば

真幸くあらば

マサキクアラバ

2010年1月9日(土)公開[R-15] / 上映時間:91分 / 製作:2009年(日本) / 配給:ティ・ジョイ

(C)2009 「真幸くあらば」製作委員会

解説 『殯の森』の尾野真千子、モデルとして「POPEYE」などの紙面を飾ってきた久保田将至のふたりが主演した異色作。「死刑」という絶対の期限の付いた、肌と肌の直接的な触れ合いが絶望的に断たれた状況下での純愛を描く。製作の奥山和由の抜擢により詩人・御徒町凧が初監督。御徒町の盟友でもある森山直太朗が音楽監督として、静謐さを湛えた映像を彩る。

ストーリー 婚約者を殺した憎むべき男であると共に、婚約者の不実を暴き、それを裁いた男。薫は、そんな両義的な存在である死刑囚・南木野淳に徐々に惹かれ始めていく。厳重な監視がつく面会室。薫は小さな文字を書き込んだ聖書を差し入れることで秘密の通信を開始する。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全2件)