映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

赤んぼ少女

赤んぼ少女

アカンボショウジョ

解説

鬼才・楳図かずおの人気作『赤んぼ少女』を、『地獄甲子園』や同じく楳図作品を原作とした『プレゼント』を手がけた山口雄大監督が映画化。赤ん坊のまま成長することが出来ず、母の愛を求めて殺戮を繰り返す奇怪な少女タマミがスクリーンに甦る!本作が初主演となる水沢奈子がヒロイン役を務めるほか、野口五郎、浅野温子らベテラン勢が揃う。

ストーリー

孤児院で育った少女・葉子は生家である南條家に引き取られることに。しかし、母は葉子を娘と認めようとせず、抱きかかえた人形を娘だと思い込んでいる。しかし、その人形は、南條家のもうひとりの娘・タマミだった。

2008年8月2日(土)公開[R-15] / 上映時間:104分 / 製作:2007年(日本) / 配給:日活

(C)2008 楳図かずお・小学館/「赤んぼ少女」フィルムパートナーズ

(C) PIA

映画ナタリーをフォロー