さすらい(1975年)

さすらい(1975年)

サスライ
IM LAUF DER ZEIT

上映時間:176分 / 製作:1975年(西独)

解説 ヴェンダース監督が28歳から30歳にかけて作った“ロード・ムービー3部作”の第3作で、前2作「都会のアリス」「まわり道」で試みられた技法や次第に輪郭をはっきりさせてきたそのテーマの集大成ともいえる作品。物語は映画館を巡回して映写機を修理してまわる主人公ブルーノと一人の男を中心に展開する。過去の愛をひきずるその男はブルーノの目の前でワーゲンをエルベ川に突入させた……。映画の主人公とともにスタッフが旅を重ねるなかでストーリーを組み立てていくという即興演出が、ミューラーの見事なカメラワークと一体となって素晴らしい息吹きを与えている。

情報提供:ぴあ

スタッフ

監督:ヴィム・ヴェンダース

キャスト

リュディガー・フォグラー
ハンス・ツィッシュラー

さすらい(1975年)の画像