偶然

グウゼン
PZYPADEK

上映時間:119分 / 製作:1981年(ポーランド) / 配給:ビターズ・エンド

解説 「ふたりのベロニカ」や「トリコロール」3部作などで多くのファンを得た名匠K・キェシロフスキの1987年作品で、日本では衛星放送でのTV放映と特別上映を経て1996年に正式公開された人間ドラマ。1980年代前半、連帯下のポーランド。大学を休学してワルシャワに旅立とうとするヴィテクが駅にやって来るプロローグに続き、彼を待ち受ける運命が“列車に無事乗ることができた場合““駅の警備員に制止された場合““列車に乗れなかった場合“という3つのケースに分けて語られていく。

情報提供:ぴあ

スタッフ

監督:クシシュトフ・キェシロフスキ
音楽:ヴォイチェフ・キラール

キャスト

ボグスワフ・リンダ
タデウシュ・ウォムニツキ
ズビグニェフ・ザパシェヴィチ