荷車の歌

ニグルマノウタ

上映時間:144分 / 製作:1959年(日本) / 配給:全国農村映画協会

解説 全国に広がる農業共同組合の婦人部が手をつなぎ、一人10円のカンパで3200万円を集め製作された山本薩夫監督の力作。広島県の山村の貧農の娘として生まれた主人公が結婚し姑にいじめられ、夫に裏切られながらも苦労に耐えて生き抜いていく姿を描く。こういう役をやらせたら他の追随を許さない望月優子の力演が印象に残る。

情報提供:ぴあ