暗黒街の牙

アンコクガイノキバ

製作:1962年(日本) / 配給:東宝

解説 1961年の「暗黒街撃滅命令」に次いで福田純が手掛けた“暗黒街“もの。主人公は弟が麻薬中毒に陥り、行方不明となってしまったことから、麻薬ルート撲滅に執念を燃やす秘密捜査官・木崎。彼が弟を見つけ出し、ヤクを牛耳るニつの暴力団を叩き潰す姿が派手な銃撃戦を交えて描かれている。

情報提供:ぴあ