シュザンヌの生き方

シュザンヌノイキカタ
LA CARRIERE DE SUZANNE

上映時間:52分 / 製作:1963年(仏)

解説 E・ロメールの初期中編の1本で、“6つの教訓的物語“シリーズの第2作でもある。薬科大学一年生のベルトランはホテル暮らしをしていた。ある日、カフェで休んでいると、隣のテーブルに女の子が座る。ベルトランの友人のギョームが早速、声をかけ、彼女が通訳学校に通うシュザンヌであることがわかる。ギョームは女の子には声をかけずにはいられない性格で、ベルトランはうらやましかった。長い間、公開されなかったが、「モンソーのパン屋の女の子」とともに1996年に初めて公開された。DVDは「エリック・ロメール コレクション(1)」に収録。

情報提供:ぴあ