サバイビング・ピカソ

サバイビング・ピカソ

サバイビングピカソ
SURVIVING PICASSO

1997年1月15日(水)公開 / 上映時間:125分 / 製作:1996年(米) / 配給:ワーナー

解説 天才芸術家パブロ・ピカソと彼を愛したフランソワーズの話をJ・アイヴォリーが映画化した作品。1943年、画学生のフランソワーズはパリのビストロでピカソと出会い、いつでもアトリエに遊びに来るように言われる。それ以来、二人は師弟関係となるが、それが愛に変わるのは時間の問題だった。周囲が反対すればするほど38歳年上のピカソへの思いは高まっていくフランソワーズ。その頃、ピカソには妻と二人の愛人がいて、女同士を張り合わせて楽しんでいた。そのことはフランソワーズを傷つけるが、ピカソと付き合うことで芸術家としても成長し続けていく。やがて、長男のクロードと長女のパブロが誕生。しかし、それでもピカソは変わらず、新しい女と関係を持つ。ついにフランソワーズは、ピカソの元を離れパリで暮らすことに。数年後、お互いに落ち着きを取り戻したピカソとフランソワーズは、愛よりも深い友情で結びついていたのだった。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全2件)