コミックナタリー PowerPush - 少年マガジンエッジ

武井宏之が新天地で“気負わず”描く新作とは

気負って描きたくない

──「猫ヶ原」のネームも拝見させていただいたのですが、すべて筆で描かれているのに驚きました。

墨で描かれた「猫ヶ原」のネーム。

今回だけです。普段のネームはちっさいコマ割りに文字を別にしたものなんですが、初めて読む人はまず読めない。完成イメージも伝えなきゃいけないし、鉛筆だと描き込むとゴチャゴチャしちゃうので。

──以前、「ULTIMO」のラフが墨で描かれているのも拝見したことがあるのですが。

あれは下描きの前に描いてる「アタリ」ってやつですね。筆の方が一発で強弱も濃淡も面積も出せるのでとにかく早いんです。すべりもいいし。普通の筆ペンに水とインクだけでサラサラと。意識しなくても味が出るのがいいですね。

──墨を使い始めたのはいつ頃なのでしょうか。

筆ペンを使い原稿を仕上げていく武井宏之。

5年前くらい? やっと筆も慣れてきたかな。……いや、うん。今回、本当に気負いたくなくて。猫を描いている一番の理由は気負いたくないから。だから筆で済ませたいというか。落描きでいいや、あわよくばアタリで終わらせたいという気持ちがあります。ある程度マンガ描いてきて、ちょっと描き切っちゃった感はあってですね。「シャーマンキング」の完全版では本当に燃え尽きたんです。その後2年くらい、実際描くものねえやって時期があったんですけど。最近はまた問題がいっぱい増えてきて、まあそれはいいや。……なんだっけ。あ、落描きで済ませたいんです。気合いを入れたくない。気負って描きたくなくて。

──楽に、自然体で言いたいことが言えるマンガにしたかった?

うまくまとめるのは好きじゃない(笑)。聞こえよくしちゃうのも好きじゃないけど、まあ気負わず、サラッと自然に……あ、自然にって言っちゃった(笑)。

キャラクターを作っちゃったら、まっとうさせる責任がある

──今連載されている作品の今後についてもお伺いしたいのですが、まず「ULTIMO」は、当初思い描いていた完結に向かっているんでしょうか。

だいぶ近いと思います。内容というか、やっていること自体はちょっと違うんだけど、本質的には思い描いた通り。ホントは拾えてないキャラクターとかネタとかはあるんですけど、本質が伝われれば大丈夫だと思う。

武井宏之の仕事机。

──「FLOWERS」は先ほども話に挙がったように、タイトルを変えて再開する、と。

どういう形になるかわまだわからないんですけど、ちゃんとキャラクターは存続します。

──こちらは、まだ全然描き切っていない?

もちろん。いや、ホントに完全版(※註)で終わってよかったんですよ。でも仕事は仕事なのでワガママばかりも言えないし義理もある。ただ一度描いた以上はこちらの責任なので、キャラクターの続きはちゃんと描きたい。……キャラクターを作っちゃったら、やっぱり責任はありますよ。それはちゃんとまっとうさせなければならない。葉くんは「なんとかなる」だったけど、今はそうとも言ってられないこともあるでしょう。だから(「FLOWERS」の主人公の)花は「なんとかする」なんです。

──「FLOWERS」は能動的、「なんとかする」の精神だと。では「ユンボル」はいかがですか。

今は休載中ですが、再開したらあと単行本半分くらいで終わります。ただ、今回のシリーズは出足でつまづいてしまったので、また仕切り直しですね。

(※註)「シャーマンキング 完全版」。単行本で執筆できなかったストーリーの続きが約380ページ描き下ろされ、真の完結を迎えた。

「少年マガジンエッジ」2015年9月17日(木)創刊! / 650円/講談社
ラインナップ

武井宏之「猫ヶ原」/箕星太朗「制服ロビンソン」/原曲:Sound Horizon 漫画:鳥飼やすゆき「新約Märchen」/天道グミ「Bの食卓」/原作:はやみねかおる 漫画:フクシマハルカ「都会のトム&ソーヤ」/ゴツボ×リュウジ「ARAMITAMA」/衿沢世衣子「うちのクラスの女子がヤバい」/松本ひで吉「境界のミクリナ」/ミキマキ「星野さん家のアルとカナ」/池野雅博「シュガードッグ」/殿ヶ谷美由記「池袋ヲトメ道戦記」/森田ウユニ「魔王インストール」/はる桜菜「グリモワールの庭」/アシュレイ・ウッド「クロージング・パンドラ」/寺井赤音「花街ヒイロヲ」/jam3「九条くんの美味なる放課後」/児玉潤「アイ先生はわからない」/田中マコト「ジャジャジャジャーン!」

武井宏之「猫ヶ原」あらすじ

何かを求めて浮世を彷徨う、世捨て猫・ノラ千代。己が信念を貫き、悪しき心を斬り伏せる! 彼の行く先には何が待ち受けるのか──。

武井宏之(タケイヒロユキ)

1972年5月15日青森生まれ。1996年、週刊少年ジャンプWinter Special(集英社)にて「デスゼロ」が掲載されデビュー。1997年に週刊少年ジャンプにて「仏ゾーン」で連載デビューを果たす。1998年より同誌にて連載された「シャーマンキング」は、TVアニメ化、ゲーム化もされヒット作に。そのほか代表作品に「ユンボル-JUMBOR-」「機巧童子ULTIMO」(original story:スタン・リー)など多数。現在はコロコロアニキにて「ハイパーダッシュ!四駆郎」(原作:徳田ザウルス)も連載し、関連するミニ四駆のデザインも手がけている。そのほかゲームのカードイラストやTVアニメのキャラクターデザインなどマルチに活躍中。