「鋼の錬金術師」|完結から7年……今もなお愛される「ハガレン」ワールドの魅力に迫る 朴璐美×釘宮理恵がアニメ放送当時を振り返るインタビューも

朴璐美(エド役)×釘宮理恵(アル役)インタビュー

取材・文 / 熊瀬哲子

やっぱりアルは理恵なんだなって(朴)

──ファンイベントお疲れさまでした。まずはイベントが終わって、久しぶりにファンの皆さんの前に立たれていかがでしたか?(参照:「鋼の錬金術師」朴ろ美&釘宮理恵が作品への思い語る、公開アテレコも

左から釘宮理恵、朴璐美。

朴璐美 皆さんこの日を楽しみに来てくださったんだなというのが、すごく伝わるイベントでしたね。連載完結から7年経っても、こんなに愛してくださる方がたくさんいらっしゃるんだなって、「鋼の錬金術師」という作品の持つパワーを感じて、とてもうれしい気持ちになりました。

釘宮理恵 皆さんの前にまたアルフォンス役として立てることが決まって、そのときからずっと楽しみにしていたんですが、イベント中はもうただただ楽しかったです。アニメが放送されていたときも、いろいろな場所で「作品の持つエネルギーがすごい」という話をよくしていて。そのエネルギーやお客さんたちの温かい空気が何年経っても変わらないままで、そうやって迎え入れてくださったのが何よりもうれしかったですね。

──開演までどんなお客さんが来ているんだろうと客席を眺めていたんですけど、スキップしながら入ってくるファンの方もいらっしゃいましたよ。

 あはは(笑)。

釘宮 ルンルンですね!

 コスプレしてくださってる方もたくさんいましたよね。きっと昔から好きでいてくださってるんだろうなという方から、最近ハマってくれたのかな?という方まで、いろんな世代の方に愛されているのを感じられてすごくうれしかったです。

──イベントでは原画展「鋼の錬金術師展」で楽しめる、会場限定音声ガイドの公開アテレコも行われました。思わず涙を拭っているファンの方も見かけました。

アニメ「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」より、エドとアル。©荒川弘/鋼の錬金術師製作委員会・MBS

©荒川弘/鋼の錬金術師製作委員会・MBS

 えーっ、そうだったんだ! みんなシーンとしちゃったかなと思ってたんですけど。

──皆さん感動して言葉が出なかった状態だったかと。

釘宮 実は最近、コラボゲーム用の収録があったり、作品やキャラクターに触れる機会がちょっとずつ増えてきていたので、まさに“ハガレンイヤー”だなと思っていたりはしたんですけど、やっぱり皆さんの前で演じるのはスタジオで収録するのと空気が違いましたね。

 やっぱりね! 緊張しないといいなと思っていたけど、内心ドキドキしてました。皆さんに「なんだよー! エド、歳取っちゃったよ!」って言われたらどうしようとか思ったり(笑)。

釘宮 そう! 「変わっちゃったな……」って思われたらどうしよう!って(笑)。

 でも、私は今日公開アテレコをやって思ったのが、「やっぱりアルは理恵なんだな」って。それはスタジオで一緒に録っていても感じることだけど、改めてステージの上でファンの方々に見守られる中でやらせていただいて、「アルは理恵なんだな」ってつくづく感じました。

釘宮 いやいやいや。それは、朴さんがエドであるから付いていけるんです。

 ……(照れながら)なんだよー。

釘宮 うふふふ(笑)。

「鋼」で会うと、心の距離がギュっと近づく(釘宮)

──イベント中も、おふたりの今のような仲のいいやりとりがすごく微笑ましかったです。

釘宮 ふふ(笑)。でも「鋼」で会うとこうなんですけど、「鋼」じゃないときは、お互いもっとドライな感じですよね?

 うん。

──そうなんですか?(笑)

釘宮 全然違うんですよ! ほかの作品の収録で会うときは、普通に「あ、おはようございます」「元気?」みたいな感じなんですけど。「鋼」の現場で会うと、急に心の距離がギュって近づくのを感じるんです。

 それはすっごく感じます。別にそういうふうにしようと思っているわけじゃないんですよ。ただ「鋼」だと自然にエドとアルの気持ちに寄り添うというか、やっぱりかなりの年月一緒にいたので、染み込んだものがあるのかもしれないです。不思議だよね。

釘宮 ねっ。

アニメ「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」第5話「哀しみの雨」より。ファンイベントにて、釘宮は好きなシーンとして、傷の男(スカー)との初めての戦いのあと、ケンカをするエドとアルのシーンをセレクトした。©荒川弘/鋼の錬金術師製作委員会・MBS

©荒川弘/鋼の錬金術師製作委員会・MBS

 作品もヘビーな内容だったので、お互いに胸が痛むところが一緒だったりしたのかな? でも今日の会場の反応を見ていても、私たちが選んだお気に入りのシーンやセリフの映像が流れて、普通のイベントだったら盛り上がるところが、みんな「(胸を押さえて)……!」ってなってたよね。

釘宮 あはは(笑)。でも私は、きっとああいう雰囲気になるだろうなと思ってました。やっぱり「鋼」って演じている私たちだけじゃなく、受け止める側にもいろんな思いが積み重なっているから、よっぽどのギャグシーンじゃない限り、みんな静かに受け止めてくれるんだろうなって。

 確かに、すぐに物語の中に入り込めてしまうところがあるよね。ハートをグーンと持っていかれる、なんとも言えない強いエネルギーを持った作品なんだなと、今回改めて感じました。

──きっとファンの方々は長い年月この作品が好きで、愛が深まった分、余計に胸にくるものがあったんじゃないかなと思います。

釘宮 ねえ……!

 だからホントに、今回こういう場を作っていただけてよかったなって思います。ファンの方々も、またみんなと一緒に盛り上がる場所が欲しかったのかなって感じました。

釘宮 うんうん。何年経っても同じ作品を好きな人たち同士で集まれるっていいですよね。

「鋼の錬金術師」
2017年12月1日(金)全国公開
あらすじ

幼い頃に最愛の母親を亡くした兄エドと弟アル。彼らは母親を生き返らせるため、錬金術における最大の禁忌(タブー)・人体錬成に挑んだ。しかし錬成は失敗に終わり、エドは左脚を、アルは身体のすべてを代価として失ってしまう。瀕死のエドはとっさに再錬成を行い、自分の右腕と引き換えにアルの魂を鎧に定着させることに成功した。それから数年後、鋼鉄の義肢を装着し国家錬金術師となったエドは、奪われたすべてを取り戻すためにアルと旅を続けている。

スタッフ
  • 監督:曽利文彦
  • 原作:荒川弘「鋼の錬金術師」(「ガンガンコミックス」スクウェア・エニックス刊)
キャスト
  • エド:山田涼介
  • ウィンリィ:本田翼
  • マスタング:ディーン・フジオカ
  • ホークアイ:蓮佛美沙子
  • エンヴィー:本郷奏多
  • マルコー:國村隼
  • コーネロ:石丸謙二郎
  • グレイシア・ヒューズ:原田夏希
  • グラトニー:内山信二
  • ロス:夏菜
  • タッカー:大泉洋(特別出演)
  • マース・ヒューズ:佐藤隆太
  • ハクロ:小日向文世
  • ラスト:松雪泰子
荒川弘「鋼の錬金術師①」
発売中 / スクウェア・エニックス
荒川弘「鋼の錬金術師①」

コミックス 432円

Amazon.co.jp

Kindle版 432円

Amazon.co.jp

朴璐美(パクロミ)
東京都出身、1月22日生まれ。声優、女優として活動。主なアニメの出演作に、「∀ガンダム」(ロラン・セアック役)、「NANA」(大崎ナナ役)、「進撃の巨人」(ハンジ・ゾエ役)など。
釘宮理恵(クギミヤリエ)
大阪府出身、5月30日生まれ。声優。主なアニメの出演作に「銀魂」(神楽役)、「灼眼のシャナ 」(シャナ役)、「時間の支配者」(ミーナ・プーチン役)など。