コミックナタリー Power Push - 近藤聡乃「A子さんの恋人」

日米で揺れる、優柔不断な恋の行方は?ひねくれた大人の無責任シティロマンス

近藤聡乃による最新作「A子さんの恋人」は、29歳のアラサー女性・A子が東京とニューヨークの男子を両天秤にかける2股ラブストーリー。そこにA子の優柔不断さを呆れながらも面白がる女友達・K子とU子が加わり、ひねくれた大人たちのあけすけな会話で読者をニヤリとさせる群像劇に仕上がっている。

コミックナタリーでは、ニューヨーク在住の近藤が帰国するタイミングを狙い取材を敢行。アーティスティックな作風で知られる近藤のキャリアからは異色とも言える、同作の誕生秘話を語ってもらった。

取材・文・撮影/唐木元

 
mixiチェック

What's”A-ko’s Boyfriends”? A子さんの恋人とは?

29歳のアラサー女性・A子は、アメリカ留学を機に、恋人A太郎と縁を切ろうとする。が、うまく別れを切り出せぬまま渡米。そして3年後に帰国するも、人の懐に忍び込むのが上手なA太郎のペースにハマり、まんまと元の腐れ縁に逆戻りしてしまう。ニューヨークにもA君という恋人を作っていたA子は、三角関係という面倒な事態に頭を悩ませる。

優柔不断で、問題を先延ばしにしてしまうA子のクズ人間っぷりが招いた状況を面白がり、ニヤニヤ見守る女友達のK子とU子。30歳を目前に控えた、大人だけど少し大人じゃない、半人前の男女がとりとめのない会話を繰り広げる無責任シティロマンス。

近藤聡乃「A子さんの恋人」1巻 / 2015年6月15日発売 / 670円 / KADOKAWA
鈴木小波「ホクサイと飯さえあれば」1巻

注目作家・近藤聡乃の初長編連載! 半人前の大人たちが繰り広げる、問題だらけの恋愛模様。

29歳のえいこさん。誰といっしょになるとか、どこで暮らしていくとか──そろそろ決めなきゃいけない問題も増えてきた。とはいえ、答えなんてすぐに出せない(出したくない!)わけでして……。ああでもない、こうでもない、と思い悩むえいこさんの厄介な日々を綴った「A子さんの恋人」待望の刊行スタート!

恋人・友達・家族と絡まりあう29歳女子の日常描写は“あるある”の連続! そう、このマンガの中には、あなたも、あの子も、あいつもいるのです。

近藤聡乃(コンドウアキノ)
近藤聡乃

1980年千葉県生まれ。2003年多摩美術大グラフィックデザイン学科を卒業。アニメーション、マンガ、ドローイング、油彩など多岐に渡る作品を国内外で発表している。文化庁新進芸術家海外留学制度、ポーラ美術振興財団の助成を受け、2008年よりニューヨーク在住。海外生活を描いたエッセイマンガ「ニューヨークで考え中」を自身のWEBサイトにて、「A子さんの恋人」をハルタ(KADOKAWA)にて連載中。