TチケットPR

ミュージカル「マタ・ハリ」柚希礼音×加藤和樹インタビュー|初共演の2人が語る“色気”の正体

ミュージカル「マタ・ハリ」が、来年2018年1月に日本に初上陸する。「スカーレット・ピンパーネル」「ジキル&ハイド」を手がけた作曲家フランク・ワイルドホーンの最新作にして、韓国では昨年2016年の初演から今なお上演が続く、ヒット作だ。W主演を務めるのは、舞台、テレビ、コンサートと怒涛の活躍が続く柚希礼音と加藤和樹。初共演となる2人に、本作への意気込みを語ってもらった。

取材・文 / 今村麻子 撮影 / 朝岡英輔 ヘアメイク:CHIHARU
スタイリスト:仙波レナ(柚希)、立山功(加藤)JUHA、HARIM(STUDIO FABWORK)

ワイルドホーンの素晴らしい楽曲をどう届けるか

──ミュージカル「マタ・ハリ」の日本での上演が決まりました。韓国で大ヒットした定評あるミュージカル。韓国での初演はご覧になりましたか。

左から柚希礼音、加藤和樹。

柚希礼音 昨年、女優のオク・ジュヒョンさんの「マタ・ハリ」を韓国で拝見し、素晴らしい楽曲に感動したんです。そのときはまさか自分がマタ・ハリを演じることになるとは想像できなくて(笑)。その後、いろいろな作品で経験を積ませていただき、マタ・ハリを演じることが決まり、再び韓国で観てきました。自分があの役をという気持ちで観ると、まったく印象が変わりました。感情移入してマタ・ハリがどんどん追いつめられていくところに泣いてしまいました。

加藤和樹 僕はオファーをいただいたあとに韓国で観てきました。マタ・ハリという女性ダンサーが、戦時中にスパイとしても強く生き抜いた実話がもとになっていることに衝撃を受けました。スパイ活動に葛藤する姿もですが、恋をすることで女性の喜びを知って、ピュアな心を取り戻していくところが印象的でしたね。

──加藤さんはフランス諜報局の大佐ラドゥと、その部下アルマンというまったく異なるキャラクターの役を日替わりで演じ分けます。

加藤和樹

加藤 2役と聞いて、「どうしよう! これは大変な挑戦だなあ」って(笑)。両極端な役なので、むしろ演じ分けることはさほど難しくないと思います。ただ役を替えて毎日出演するので、自分が混乱しないか心配ですね。楽曲も2パートを覚えて、3人で歌うところもある。違うパートを歌わないように「今日はラドゥ!」「今日はアルマン!」と自分で自分に言い聞かせないと(笑)。2役を演じることは若過ぎても年を重ねてからもできない。今のタイミングでしかできないからありがたいですね。僕がティボルトを演じた「ロミオ&ジュリエット」で城田優がロミオとティボルトの2役をやりましたが、相当な苦労をしているのを横で見ていました。みんなで力を合わせて作り上げていかないとできなかったんです。今回もほかのキャストの方とみんなで一緒に作り上げていって、アルマンとラドゥ、それぞれを魅力的な役にしたいですね。

──作曲家フランク・ワイルドホーンの最新作です。「スカーレット・ピンパーネル」で柚希さんはワイルドホーンの曲を歌ったことがありますね。

柚希礼音

柚希 「スカーレット・ピンパーネル」の初演の稽古のとき、ワイルドホーンさんが来日する前に譜面を見て稽古をすることになりました。譜面だと細かく音が飛んでいるわけでもないのに、歌うとすごく難しいんですよ。繰り返しや転調によってどんどんドラマチックになっていく。ワイルドホーンさんは稽古で、わからないところに色付けをしてくださって「こういうふうに作っていくのか!」と経験しました。今回の「マタ・ハリ」は自分がこれまで歌ってきたキーとはまったく違う曲。新たな課題への大きな挑戦になると思います。素晴らしい楽曲ばかりなので、思い切り稽古をしてマタ・ハリが生んだメロディーのように歌えるようにしたいと思います。

加藤 ワイルドホーンさんの楽曲はそれぞれのメロディーラインがきれいですよね。歌い上げるナンバーが多いので、聴いているほうは引き込まれますが、歌うのは大変です(笑)。美しさの中に計算されたメロディーラインがある。3重奏のところも男性2人は意外に微妙なラインを歌う。難しいぶん、歌いがいもありそう。日本語の歌詞を曲にどう乗せるか。音楽に負けない歌声と言葉の説得力を持たないと音に負けますからね。

ミュージカル「マタ・ハリ」
ミュージカル「マタ・ハリ」
2018年1月21日(日)~28日(日)
大阪府 梅田芸術劇場 メインホール
2018年2月3日(土)~18日(日)
東京都 東京国際フォーラム ホールC
  • 脚本:イヴァン・メンチェル
  • 作曲:フランク・ワイルドホーン
  • 作詞:ジャック・マーフィー
  • 訳詞・翻訳・演出:石丸さち子
  • 出演:柚希礼音、加藤和樹 / 佐藤隆紀(LE VELVETS)、東啓介 / 西川大貴、百名ヒロキ / 栗原英雄、和音美桜、福井晶一 / 遠山裕介、則松亜海、田村雄一 / 石井雅登、乾直樹、金子大介、木暮真一郎、後藤晋彦 / (以下五十音順)彩橋みゆ、石田佳名子、神谷玲花、彩月つくし、花岡麻里名、松田未莉亜、吉田理恵

柚希礼音(ユズキレオン)
柚希礼音
6月11日生まれ、大阪府出身。1999年に85期生として宝塚歌劇団に入団。雪組「ノバ・ボサ・ノバ」で初舞台を踏み、その後、星組に配属。2009年、星組トップスターに就任し、6年にわたりトップを務める。2015年5月に退団後もミュージカル、コンサートなど精力的に活動中。第30回松尾芸能新人賞、第65回文化庁芸術祭賞演劇部門新人賞、第37回菊田一夫演劇賞を受賞。退団後の主な主演舞台に「ミュージカル 『バイオハザード ~ヴォイス・オブ・ガイア~』」「お気に召すまま」などがあり、10月15日からはミュージカル「ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~」の大阪公演が控えている。
加藤和樹(カトウカズキ)
加藤和樹
1984年生まれ、愛知県名古屋市出身。2005年にミュージカル「テニスの王子様」跡部景吾役で脚光を浴び、舞台・ドラマ・映画・アニメ・ゲームなど多方面への出演で活動の幅を広げる。2006年にはミニアルバム「Rough Diamond」でCDデビューし音楽活動も精力的に行っている。主な出演舞台に「ロミオ&ジュリエット」「No.9-不滅の旋律-」「真田十勇士」「ハムレット」「フランケンシュタイン」「罠」など。10月8日からは「レディ・ベス」、2018年4月には小池修一郎潤色・演出「1789―バスティーユの恋人たち―」の開幕が控えている。