「R-1」決勝会見でバカリズムが昨年大会をチクリ

 
mixiチェック

2010年2月11日 12:21 55

イメージ

決勝に進出した面々。優勝賞金500万円を目指して2月23日(火)にバトルを繰り広げる。

イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ

2月11日、“日本一おもしろいピン芸人”を決定する「R-1ぐらんぷり2010」の決勝進出者発表会見が都内にて行われた。

第8回となる今年2010年の「R-1ぐらんぷり」は、過去最多の3539人のピン芸人がエントリー。2009年暮れからスタートした予選を勝ち抜いて決勝進出を決めたのは、バカリズム、いとうあさこ、Gたかし、川島明(麒麟)、我人祥太、なだぎ武(ザ・プラン9)、エハラマサヒロ、あべこうじの8名だった。

また、敗者復活戦となるサバイバルステージには、ユリオカ超特Q、今泉、ナオユキ、ゆってぃ、中山功太、山田よし(COWCOW)、田上よしえ、友近、アナログタロウ、もう中学生の10名が進出した。

会見に先立って、古市忠嗣関西テレビプロデューサーは、大会について「『R-1ぐらんぷり』は、優勝した方以外の方もスターになっている番組。敗者復活戦も昨年から新設して全国ネットで放送しています。今年もここから新たなスターが生まれると思いますのでよろしくお願いします」と挨拶。

司会を務める雨上がり決死隊宮迫は、「記者会見、こんな朝早くする必要ないんですけどね。嫁に『なんなん? こんな時間に』って言われました。本気でおねむで仕方ないです。楽屋をのぞいたら、すでに決勝進出者は緊張してますね。感動あり笑いありのすばらしい大会なのでよろしくお願いします!」と番組をアピールした。同じく司会の優香は「『R-1』は、生の緊張感が味わえて、芸人さんたちの汗を近くで見られるから楽しみ」とコメント。

続いては、エントリー順の決勝進出者自己紹介タイム。2007年に1回戦で敗退したGたかしは「名前を書けば通ると言われてる1回戦に落ちて、友達に名前書くの忘れたの? って言われました」と笑いを誘い、引っ込み思案なキャラクターの我人祥太が続いた。「日陰から引っ張り出された気持ちです……」と暗い表情を浮かべながら我人がコメントすると、宮迫に「なかなか記者会見からキャラ仕上げてるじゃないですか」とツッコまれ、思わず笑みをこぼしていた。

6月で40歳になるいとうあさこは、「前回は『朝倉南38歳です!』って言った瞬間にネタが飛んで敗退したんです」と昨年2009年の大会を振り返り、別れた彼氏に貢いだ額が800万円、ほかの男性も合わせると総額1200万円にものぼることを明かした。優勝賞金を軽く超えてしまうことを雨上がりに指摘され、会場は笑いの渦に。

「R-1」初挑戦で決勝に進出した川島は、「M-1」ラストイヤーに決勝進出できなかったことを振り返り、「田村って何なんですか?」と笑いを誘いながらも、最後には「田村の分もがんばります!」と締めくくった。

ドラマ撮影のために会見を欠席したなだぎ武(ザ・プラン9)は、FAXで「(優勝賞金の使い道について)今大会、早くも2回戦で敗退した、同期のバッファロー吾郎木村と旅行に行きます。楽しめてできたらと思ってます」とコメント。6回目の決勝進出を決めたあべこうじは、「“R-1の笑い飯”だと言われている。今年はもう優勝しかない。笑い飯が下ネタで自滅したので、僕は下ネタで優勝します!」と宣言。すかさず宮迫から「無理やろ」とツッコまれた。

昨年最後の最後に中山功太に逆転され優勝を逃したエハラマサヒロは、「『R-1』は準優勝した人は次の年に決勝に行けないというジンクスがあった。準優勝した人が次の年に優勝するという新しいジンクスを作りたい」とカッコよく決めた。

最後に登場したのはバカリズム。「5回出場で4回決勝進出しているので、今年は優勝したい。ただ、1年目にやったネタの『トツギーノ』が、いまだにガチャガチャとかで細かいお金が入ってきている。『R-1』のおかげです」と大会への感謝の気持ちを述べた。

順番を決める抽選では、「前回の件があるからラストがいいです!」とバカリズム。昨年2009年に審査員の清水ミチコから100点を得ながらも優勝できなかったことをチクリとつぶやいた。ただし、今回は上位3名が2本ネタを披露できるシステムに切り替わったことに気づくと、ステージ上の決勝進出者たちは安堵の表情を浮かべて抽選に臨んだ。

既報の通り、ネタ順は、サバイバルステージ1位、バカリズム、いとうあさこ、Gたかし、川島明、我人祥太、なだぎ武、エハラマサヒロ、あべこうじの順となる。

続いて、敗者復活戦にあたる「サバイバルステージ」への進出者が発表されると、「毎年1番手はハゲてますね」とエハラ。バカリズムは「もう中さん好きなんですけど、自分のネタ前ではお断りします」と、もう中学生が決勝に進出することを警戒した。

会見一問一答

──優勝賞金500万円の使い道は?

バカリズム:すごく面白いものを買います。まだ決めていないんですけど、面白いものを買おうと思います。

いとう:FAXを買います。この時期、立て続けに家電が壊れているので、FAX、掃除機、リモコンを買います。

Gたかし:FAX差し上げますよ(いとう「いらないです」)。地元の小学校にトランポリンを買います。いや、それは嘘ですけど、何かいいことに使います。

川島:相方が稼いだときにハンバーグ1個だけ買ってくれたんで、いまだにそれを引きずっているんですけど、僕はユニセフに寄付しようと思います。僕を応援すれば救える命があるということをアピールしたいと思います。……変なスイッチ入ってすいませんでした!

我人:深くは言えないんですけど、過去の自分と決別するために使います。

エハラ:結婚式に使いたいのと、ガリガリガリクソンのネタを買いたいなと。

あべ:先日引っ越したんですけど、フローリングが1カ所くぼんでいるんですよ。そのフローリングを平らにします。

──(記者席後方からダイアンが『お笑いワイドショー マルコポロリ!』の取材で登場)ライバルは誰ですか?

バカリズム:いとうあさこは年齢が5個上なのに事務所の後輩だから扱いづらい。あさこさんには負けられないです。

いとう:決勝進出自体がピンと来ていないので、ライバル視どころかネタが飛ばないようにするのが精一杯。あがり症だけは避けたいです。

Gたかし:先輩のユリオカ超特Qさんがサバイバルステージから上がってくると思いますので、ユリオカさんと戦いたいです。

川島:去年の中山功太の活躍を見て出たいと思ったので、ぜひ功太には決勝に上がってきてもらいたいです。

我人:こちらの2人です(エハラマサヒロとあべこうじを指す)……ネアカだからです。

エハラ:僕もモノマネをしてるので、グラップラーさんには勝ちたいです。

あべ:「学園天国」風に言うと、「みんなライバルさ~」!

R-1ぐらんぷり2010新ルールと放送日時について

●サバイバルステージ(敗者復活戦)
・ネタ時間は3分
・1名が決勝に進出
2月21日(日)16:05 ~ 17:20(関西テレビ・フジテレビ系全国ネット生放送)

●決勝
・ネタ時間は4分
・9名中得点上位3名が再度4分のネタを披露。優勝者を決定する。
2月23日(火)19:00 ~ 20:54(関西テレビ・フジテレビ系全国ネット生放送)

●司会
雨上がり決死隊 / 優香

●決勝審査員(予定)
高田純次 / 大平サブロー / 清水ミチコ / ラサール石井 / 板尾創路 / 伊東四朗

●観覧ゲスト(予定)
陣内孝則 / 鈴木杏樹 / 杉山愛 / 南明奈 ほか

ナタリーストア「ピンポン」グッズ
ナタリーストア「TOKYO CULTUART by BEAMS × egicco」グッズ
お笑いナタリーのニュースをTwitterでフォロー!