お笑いナタリー

わか組が勝利!「漫才大会」罰ゲームで新山ひでやに魔の手

150

昨日11月26日に、青空球児・好児ナイツら出演の「第44回 漫才大会」が、東京・浅草公会堂にて開催された。

「漫才大会」は毎年11月に開催される漫才協会の一大ネタライブ。毎回趣向を凝らしたテーマで展開されており、44回目の今回は師匠と若手が「ししょ組」「わか組」に分かれて勝利を競った。

10月の記者会見から引き続き、青空球児、ナイツ塙の各チームリーダーは開幕から火花を散らす。若手は「負けたら全員で土下座してやりますよ!」と強気だ。そしてししょ組には負けたときの罰ゲームとして「ゲロゲーロと二度と言わないでください!」と新ギャグを要求した。

漫才コンテストで賞をとったコンビによる「賞とった対決」から始まり、ホンキートンク、東京丸・京平、カントリーズWモアモアらがその実力を見せつける。続く「夫婦漫才対決」では、おしどりがアコーディオンとハリガネアートで愉快な漫才を展開したほか、ししょ組の大空遊平・かほりらは長年連れ添った2人ならではの掛け合いで笑いを誘った。

「漫談対決」「凹凸コンビ対決」「紙切り対決」などバラエティに富んだ戦いが繰り広げられる中、宮田陽・昇の「真打ち昇進披露」も。「情熱大陸」を模したVTR「漫才大陸」で、2人のこれまでの歩みを紹介。続いて漫才協会名誉会長の内海桂子が“手短な”挨拶を促される。やはり手短に、とはいかず「師匠!」と声がかかると「(漫才師には)定年はないですから、いつまでもがんばって次の時代を作るように」とまとめた。陽・昇の師匠である宮田章司は「師匠として、弟子の真打ち昇進はうれしいですがまだ半人前。1人前の芸人に育てていただけたら」と喜びのコメント。会場全員による三本締めのあと、期待に応えるように陽・昇は子育てを題材にした漫才で沸かせた。

「合計芸暦対決」では合計芸歴175年の内海桂子、昭和こいる、あした順子の3人に、わか組の6コンビが挑む。内海桂子が独特のテンポで漫談を繰り広げていると、舞台袖からナイツ塙が現れ「巻きで!」の合図。そんなことお構いなしの内海を、塙が手を引いて連れていく場面にも大きな拍手が送られた。昭和こいる&順子の特別コンビは、こいるの歌声を轟かせる漫才を披露。舞台上で若手のネタを観ていた内海は「寝たかったけどやかましくて寝られなかったよ!」と騒がしい若手たちに悪態をついて笑わせた。

ラストを飾ったのは、U字工事、ナンセンス、Wコロンおぼん・こぼん、ナイツ、青空球児・好児による「一世風靡体対決」。ししょ組もわか組も負けず劣らない勢いの掛け合いを繰り広げる。大トリの球児・好児は「世代交代なんて冗談じゃねえよ!」と師匠の腕の見せどころ。ダジャレを効かせた家電にまつわるネタで、トリにふさわしい大きな笑いを巻き起こした。観客による判定で、夜の部ではわか組に軍配。塙は師匠たちに新ギャグを要求するのかと思いきや、「新しいギャグよりずっと見たいものがあるんだよ!」と新山ひでやを呼び寄せる。

「偽装が話題ですからね!」と言う若手の群れにひでやが放り込まれると、その中からカツラを取り上げたナイツ塙の手が。鬼の首を取ったように喜ぶ若手が、その姿を客席に見せようと道を空けると、ひでやに扮した新宿カウボーイ・かねきよが登場。「最高最高!」と新山ひでや・やすこのポーズを決めると、満場の拍手と笑いに包まれた。最後は漫才協会会長・青空球児の掛け声で「マンザイ三唱」を全員で唱和。約4時間に及ぶ一大ライブは大賑わいで幕を閉じた。

お笑いナタリーをフォロー