音楽ナタリー Power Push - 小倉唯

10代最後に高らかに歌う“はにかみ”マニフェスト

小倉唯の5thシングル「Honey♥Come!!」が8月12日にリリースされる。

シングル表題曲「Honey♥Come!!」は、彼女も出演するテレビアニメ「城下町のダンデライオン」のエンディングテーマ。アップリフティングなダンスビートに乗せて、少し“はにかみ”ながらも、誰かのイチ推しになることを夢見てがんばる女の子の姿を歌う、アニメのテーマに寄り添った1曲に仕上がっている。そしてこのシングルは8月15日にバースデーを迎える小倉にとって10代最後の音源。それだけにこの歌詞には19歳の今彼女がやりたいこと、こだわりたいことも詰め込まれているという。

10代最後の月に小倉は何を思うのか? 「Honey♥Come!!」の聴きどころ、制作秘話とともにその胸の内を聞いた。

取材・文 / 成松哲

 
mixiチェック

ステージに上がった自分はどういう感覚になるんだろう?

──先日のパシフィコ横浜での初ワンマンってご本人的にはいかがでした? 観ていたこちらとしては、小倉さんとダンサーさんのパフォーマンスといい、プロジェクションマッピングを使った演出といい、本当に面白かったんですけど(参照:小倉唯、パシフィコいっぱいに“HAPPY”詰め込んだ初ワンマン)。

小倉唯

ありがとうございます。今は「無事に終えられた!」っていう感じですね。1stライブの会場がパシフィコ横浜だったっていうのはすごく光栄なことなんですけど、やっぱりプレッシャーにはなりましたし、小倉唯としては1stライブではあっても、ゆいかおりとしてはたくさん経験を積ませてもらっているし、ライブはやってなかったけど小倉唯としてももう3年くらい音楽活動をしているので、絶対成功させたいっていう思いもありました。そうやっていろんな感情が混ざり合っていたから、当日までは自分で自分の気持ちがつかめなくて。「ステージに上がった自分はどういう感覚になるんだろう?」って思っていただけに今は本当にホッとしてます。

──「やったぜ! 大成功!」っていう感じではない?

「あー、よかった」って感じですね。もちろん達成感もあるんですけど、ライブが決まってから本番まで背負っていたものからちょっと解き放たれた安心感のほうが強いです。

──小倉さんにしてみたら「蒸し返さないでよ」って話かもしれないんですけど、アンコールのときに涙ぐんでしまったのも……。

あっ、そうなんですよ。不安も大きかった分、ステージに上がって、そこからの景色、ホールいっぱいのお客さんが見えた瞬間から、安心感であったり、うれしさであったり、いろんな気持ちでいっぱいになっちゃって、アンコールでついに堪えきれなくなっちゃいました(笑)。

みんながわかってくれて支えてくれるから私は歌える

──小倉さんは以前「『今、小倉唯がこれをやったら皆さんはどう感じるんだろう?』と考えたり、それを実行に移したりしているときに一番私らしくいられる」と言っていました(参照:小倉唯「Tinkling Smile」インタビュー)。

はい。

──なのでプロ意識、エンターテイナーとしての意識の高い方なのかな、って思っていたんです。パシフィコのライブも本当に完成されたショーでしたし。それだけにステージ上で感情を全開にしたことにはけっこう驚きました。

自分でもそういうつもりでした(笑)。皆さんに弱みを見せたくない、いつも“小倉唯”でいたいって思っているから、たとえつらいことがあってもそれをそのまま「最近つらいことがあって」っていうのはちょっと違う。その思いを歌やお芝居を通じて届けるのがお仕事だと思っているから、いつもなら弱みを弱みのまま見せることはなかったはずなんですけど、今回のライブは特別というか。ステージからの景色を見たとき、これまでの努力……自分で努力って言っちゃうとアレなんですけど(笑)、でもこれまでのがんばりが報われた気がしたし、「私のことをこんなに応援してくれている皆さんの前でなら素直な気持ちをそのまま出しても大丈夫」「この思いもちゃんとわかってもらいたい」と思えたら涙があふれてきちゃってました。

──だからビックリはしたものの、涙ぐむ小倉さんを見ても「こんなの小倉唯らしくない」とは思わなかったんですよね。初ワンマンをやり遂げて、5000人からのファンもそれを喜んでいる。そりゃ泣くよなって。言い方は難しいんだけど、涙もライブの1シーンとして美しく機能していたというか。

小倉唯

でも、あのライブがもし映像化されたらって考えると恐ろしくて(笑)。泣いちゃったのもそうですし、あと私、“前髪命”なんですけど、1人で2時間以上ずっと歌って踊ってたから……。

──前髪がバラバラになっちゃった(笑)。

そうなんです(笑)。 ただ、私のことをわかってくれて支えてくれる皆さんがいるから安心して歌えるんだなって改めて思い知ったライブだったのは間違いないですね。

ニューシングル「Honey♥Come!!」 / 2015年8月12日発売 / KING RECORDS
期間生産限定盤 [CD+DVD] 1944円 / KICM-91607
通常盤 [CD] 1296円 / KICM-1608
期間生産限定盤CD収録曲
  1. Honey♥Come!!
    [作詞:大森祥子 / 作曲:俊龍 / 編曲:大久保薫]
  2. ガーリッシュエイジ
    [作詞:こだまさおり / 作曲:神谷礼 / 編曲:河合英嗣]
  3. Honey♥Come!!(off vocal ver.)
  4. ガーリッシュエイジ(off vocal ver.)
期間生産限定盤DVD収録内容
  • 「Honey♥Come!!」MUSIC VIDEO
  • 「Honey♥Come!!」MAKING
通常盤CD収録曲
  1. Honey♥Come!!
  2. ガーリッシュエイジ
  3. Honey♥Come!!(TV size)
  4. Honey♥Come!!(off vocal ver.)
  5. ガーリッシュエイジ(off vocal ver.)
小倉唯(オグラユイ)

1995年群馬県生まれの声優、アーティスト。2009年に14歳で声優デビューし、2011年「神様のメモ帳」のアリス役、「ロウきゅーぶ!」の袴田ひなた役で大きな注目を集め、以来、毎シーズン放映のアニメの主要キャラを演じるように。また2010年に石原夏織と結成したユニット・ゆいかおりでメジャーデビューを果たし、2011年には「ロウきゅーぶ!」の出演声優ユニット・RO-KYU-BU!で歌った楽曲の数々がスマッシュヒットを記録するなど、声優業と並行して積極的に音楽活動も展開している。2012年にはシングル「Raise」でソロデビュー。以降アニメ「変態王子と笑わない猫。」のエンディングテーマ「Baby Sweet Berry Love」や、「最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。」のエンディングテーマ「Charming Do!」など、話題のアニメのテーマソングを発表している。2015年3月にはソロデビュー3年目にして初のフルアルバム「Strawberry JAM」をリリースし、7月には神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホールで初のワンマンライブを開催。そして8月には自身も出演するアニメ「城下町のダンデライオン」のエンディングテーマ「Honey♥Come!!」を発表する。