ナタリー PowerPush - 乃木坂46(生駒里奈)

生駒ちゃん、犬とマンガに明け暮れる

橋本奈々未・松村沙友理・白石麻衣・高山一実4人のインタビュー&フォトギャラリーはこちら

2ndシングル「おいでシャンプー」の発売を記念して展開される今回の乃木坂46特集。第1弾として公開された橋本奈々未、松村沙友理、白石麻衣、高山一実のソロインタビュー&フォトギャラリーに続いて、生駒里奈(いこまりな)のロングインタビュー&フォトギャラリーを掲載する。

第1弾同様、「乃木坂46の休日」をテーマに行われた今回の取材。都内のペットショップで犬と戯れる姿や、ナタリー編集部にて大好きなマンガを読みふける「素の生駒里奈」を目にすることができた。また、インタビューではマンガに対する愛情に加え、乃木坂46に入るきっかけや心境の変化が、彼女らしい言葉遣いで語られていった。

取材・文 / 西廣智一 撮影 / 笹森健一 企画 / 富樫奈緒子
撮影協力 / ZOO渋谷サロン

 
mixiチェック

マンガにハマるきっかけは「銀魂」

──撮影が終わってからも、ずっとマンガに夢中でしたね。

ここなら何十年でもいられる(笑)。

──さっきから少年誌を中心に読んでますが、生駒さんは少年マンガが好きなんですか?

インタビュー写真

そうなんです。基本は「週刊少年ジャンプ」で、そのほかにもいろいろ。上京してきてからまだ半年しか経ってないけど、部屋にはマンガが既に300冊くらいもあって、もう棚が足らないんです。

──すごい! そんな生駒さんが最初にハマるきっかけになったマンガってなんですか?

「銀魂」ですね。中学1年の頃、マンガにすごく詳しい親友から「こういうマンガがあるんだよ」って「銀魂」を勧められて、読んでみたらすっごく面白くて。それでうちの弟に「銀魂」を教えたら一緒に面白がってくれて、2人でコミックを集めるようになったんです。

──そこからジャンプも読むようになり。

そうそう。でも、その頃はお小遣いが少なかったから、お正月にお年玉を貰ったときにマンガを大人買いして、どんどんハマッていきました。

──なるほど。ちなみに少女マンガはあまり読まないんですか?

小学校の頃は周りのみんなと一緒に読んでたけど、あんまりグッとくるものがなくて。「銀魂」を初めて読んだときの衝撃がすごかったから、余計にそう感じるのかも。

──ジャンプ特有の友情や冒険をテーマにしたストーリーのほうに惹かれる?

うん、そっちのほうがすっごく面白いし。ジャンプの中でも「NARUTO -ナルト-」と「ONE PIECE」を比べると、同じ友情をテーマにしてるのに内容が全然違うじゃないですか。どっちも主人公だけじゃなくて、サブキャラ1人ひとりの個性も強いし、読んでるうちにどんどん感情移入しちゃうんです。うちは(「ONE PIECE」で)エースが死んだときに泣いて、(「NARUTO -ナルト-」で)ナルト出生の秘密で泣いて、(「SKET DANCE」で)ボッスンと椿が兄弟だってわかるところでボロボロ泣いて。それぐらい気持ちが入っちゃうんですよ。

マンガは作者の思いが絵と文字でダイレクトに伝わる

──じゃあ、最近お気に入りのマンガは?

「青の祓魔師」と「妖狐×僕SS」です。

──「妖狐×僕SS」は最近アニメも放送されてましたよね。

そうそう。でもうち、アニメはあまり観なくて。マンガが原作のアニメを観ると、「あれっ!? ここ原作だといいところなのにカットされてる!」って思うことが多くて。ストーリーが原作と変わってたりするから、あまり観たくないんです。よく実写化もされるけど、それもマンガで読んだものとは全然違うものに見えちゃって。

──それだけマンガに思い入れがあると。じゃあアニメが大好きでマンガはあまり読まない松村(沙友理)さんとは真逆なんですね。

そう、まっつん(松村)はアニメが大好きですけど、うちはマンガ。マンガって作者の考えていること、伝えたいことが絵と文字でダイレクトに描かれているじゃないですか。でも、アニメになると監督さんや声優さんが入ってきたり、絵を描く人も変わってきたりするんで、自分の中でそのマンガの良さがだんだんと薄れてきちゃう気がするんです。このコマにはこういう絵があって、こういうセリフがあるってことにちゃんと意味があると思うのに、アニメになってそれが変わってしまうのが嫌なんです。

熱中できるものがひとつでもあれば楽しい

──マンガの素晴らしいところってどういうところでしょう?

読んでるときはひとりだけど、仲間(=マンガの中のキャラクター)がいっぱいいるからひとりじゃないところ。そう思えるくらい、マンガは素晴らしいと思います。時間があれば常に読んでるし、マンガに自分の全てを捧げたいって思うくらい(笑)。

──でも、最近は乃木坂46の活動が忙しくて、マンガを読む時間も少なくなってるのでは?

インタビュー写真

今は毎日忙しいから、空いてる時間に読んだりしてます。秋田にいた頃はずーっと家でマンガを読んでたんですよ。お母さんに「外で遊ばないの?」って言われても「別に?」って答えてたし。友達がいなかったわけじゃないけど、親友もうちと同じように家でマンガを読むのが好きだったから、お互いの家に行っても2人とも好きなマンガを読んで、感想を言い合ったりしてっていうのがすごく楽しかったです。

──外で遊びはしないものの、そうやって友達と交流を深めていたんですね。

スポーツでもなんでも熱中できるものがひとつでもあれば、すごく楽しいじゃないですか。それがたまたまうちの場合はマンガだっただけで。よくマンガが好きって言うとすぐ「ああ、オタクだ!」ってバカにされるけど、それって違うんじゃないかなと思っていて。人それぞれ、いろいろ好きなものがあるからいいんじゃないかな。別にスポーツが好きだったらスポーツオタクなわけだし、お魚が好きだったら魚オタク、みんな好きなものがあるから日々の生活をがんばれるわけですからね。

ニューシングル「おいでシャンプー」 / 2012年5月2日発売 / Sony Music Records

  • 「おいでシャンプー」Type-A
  • Type-A 初回限定仕様 [CD+DVD] 1600円(税込) / SRCL-7966~7 / Amazon.co.jp
  • Type-A [CD+DVD] 1600円(税込) / SRCL-7966~7 / Amazon.co.jp
  • 「おいでシャンプー」Type-B
  • Type-B 初回限定仕様 / [CD+DVD] 1600円(税込) / SRCL-7968~9 / Amazon.co.jp
  • Type-B [CD+DVD] 1600円(税込) / SRCL-7968~9 / Amazon.co.jp
  • 「おいでシャンプー」Type-C
  • Type-C 初回限定仕様 [CD+DVD] 1600円(税込) / SRCL-7970~1 / Amazon.co.jp
  • Type-C [CD+DVD] 1600円(税込) / SRCL-7970~1 / Amazon.co.jp
  • 「おいでシャンプー」通常盤
  • 通常盤 [CD] 1000円(税込)/ SRCL-7972 / Amazon.co.jp
Type-A
<CD収録曲>
  1. おいでシャンプー
  2. 心の薬
  3. 偶然を言い訳にして
  4. おいでシャンプー off vocal ver.
  5. 心の薬 off vocal ver.
  6. 偶然を言い訳にして off vocal ver.
<DVD収録内容>
  1. おいでシャンプー -MUSIC VIDEO-
  2. 偶然を言い訳にして -MUSIC VIDEO-
  3. 生田絵梨花×ヒロシュー
  4. 伊藤万理華×有元沙矢香、山本真希
  5. 衛藤美彩×二宮崇
  6. 川後陽菜×山田篤宏
  7. 川村真洋×渡邊直
  8. 齋藤飛鳥×阿相クミコ、山田一仁
  9. 斎藤ちはる×大形美佑葵
  10. 斉藤優里×榮良太
  11. 桜井玲香×内村宏幸
  12. 西野七瀬×萩原健太郎
  13. 松村沙友理×佐藤有一郎
Type-B
<CD収録曲>
  1. おいでシャンプー
  2. 心の薬
  3. 水玉模様
  4. おいでシャンプー off vocal ver.
  5. 心の薬 off vocal ver.
  6. 水玉模様 off vocal ver.
<DVD収録内容>
  1. おいでシャンプー -MUSIC VIDEO-
  2. 水玉模様 -MUSIC VIDEO-
  3. 安藤美雲×松田一輝
  4. 生駒里奈×青山裕企
  5. 市來玲奈×掛川康典
  6. 岩瀬佑美子×村山和也
  7. 柏幸奈×青松拓馬
  8. 高山一実×松本博樹
  9. 永島聖羅×石井貴英
  10. 橋本奈々未×杉本達
  11. 畠中清羅×佐藤大輔
  12. 大和里菜×フラッシュハリー
  13. 和田まあや×岩元正幸
Type-C
<CD収録曲>
  1. おいでシャンプー
  2. 心の薬
  3. 狼に口笛を
  4. おいでシャンプー off vocal ver.
  5. 心の薬 off vocal ver.
  6. 狼に口笛を off vocal ver.
<DVD収録内容>
  1. おいでシャンプー -MUSIC VIDEO-
  2. 狼に口笛を -MUSIC VIDEO-
  3. 伊藤寧々×デハラユキノリ
  4. 井上小百合×森田一平
  5. 白石麻衣×長崎愛
  6. 中田花奈×手塚眞
  7. 中元日芽香×マツモトジュンイチ
  8. 能條愛未×鈴木真人
  9. 樋口日奈×池田圭太
  10. 深川麻衣×入江和宏
  11. 星野みなみ×川島小鳥、箕浦建太郎
  12. 宮澤成良×カツヲ
  13. 若月佑美×岡川太郎
通常盤
<CD収録曲>
  1. おいでシャンプー
  2. 心の薬
  3. ハウス!
  4. おいでシャンプー off vocal ver.
  5. 心の薬 off vocal ver.
  6. ハウス! off vocal ver.
乃木坂46(のぎざかふぉーてぃしっくす)

乃木坂46

2011年8月に「AKB48の公式ライバル」として誕生したアイドルグループ。グループ名の「乃木坂」は最終オーディション会場の「SME乃木坂ビル」、「46」は「AKB48より人数が少なくても負けないという意気込み」に由来する。総合プロデュースはAKB48同様、秋元康が担当。全国規模のオーディションにより、3万8934人の応募の中からスターティングメンバーとして33人が選出された。2012年2月にシングル「ぐるぐるカーテン」で待望のメジャーデビュー。オリコンウィークリーチャートで初登場2位を記録し、2012年4月現在セールスは20万枚を突破している。同年5月には早くも2ndシングル「おいでシャンプー」をリリース。