BIGMAMA「BESTMAMA」PR

BIGMAMA|模索しながら歩き続けた10年

BIGMAMAが9月6日にキャリア初のベストアルバム「BESTMAMA」をリリースした。

2016年にデビュー10周年、そして今年2017年に現メンバーになって10周年を迎えたBIGMAMA。彼らは10月に初の東京・日本武道館公演を控えている。日本武道館でのライブを目前にしてリリースされる2枚組のベストアルバムには新曲1曲を含む40曲を収録。音楽ナタリーではベストアルバムの選曲理由を聞きながら、1年に1枚のペースでリリースされて来たアルバムの話を軸に、メンバー5人にこの10年間を振り返ってもらった。

取材・文 / 清本千尋 撮影 / 後藤壮太郎

「次は金井くんの番だね」って言われるのがイヤだった

──初のベストアルバムですね。こちらは10月の東京・日本武道館公演の開催が決まったことから、作ることになったんだとか。

金井政人(Vo, G) 10年間歩いてきたご褒美と言うか、僕らが次のステージに行くための場としてスタッフチームが日本武道館でのライブを提案してくれたんです。それで日本武道館公演が決まって、どうやってその当日を迎えようかと考えていく中で、ベストアルバムを今年中に出そうという案が出ましたね。ここ数年は「BIGMAMAはいつ武道館でライブをやるの?」っていう声もよく聞いていたんですけど、僕らは自分たちの番が来たら堂々とやればいいと思っていたので、スタッフからそのアイデアが上がったとき「ついに来たか」と思いましたね。

柿沼広也(G, Vo) 正式に開催日が決まったって聞いたのはHYとのスプリットツアーのファイナルの沖縄公演のときだったね。

安井英人(B) 目の前にHYのメンバーがいるのにスタッフから「まだ誰にも言うな」って口止めされたよね(笑)。

リアド偉武(Dr) そうそう(笑)。

柿沼 俺は4枚目のオリジナルフルアルバム「君がまたブラウスのボタンを留めるまで」くらいから1万人以上のキャパで鳴らすべき音楽を作ってきたつもりなので、武道館でのライブが決まったときは「やっと武道館でこの音楽を鳴らせるのか」という思いだった。

金井 僕は[Alexandros]をはじめ、いくつか友達のバンドが武道館でのライブを成功させる様子を観る中で、会場で誰かと顔を合わせて「次は金井くんの番だね」って言われるのがイヤでした。さっきも話したように自分がそこに立つタイミングが来たら……と自分自身の中では準備は整っていたんですけど、先に弟が結婚して周りから「次はお兄ちゃんの番だよ」って言われ続けているような感覚でした(笑)。

ベスト盤の選曲について

──シングルベストにするという選択肢もあったと思うんですが、今回はシングル曲ではない曲も多数収録されていますよね。ベスト盤の収録曲はどのように決めたんですか?

金井政人(Vo, G)

金井 メンバーそれぞれが2枚組のベストに入れるべき曲を各ディスクに4曲ずつ、それに予備として1曲を追加した計10曲を挙げて、そこから調整していきました。みんなでリリース順に並べた曲のリストを眺めていたら「この曲、実はこの頃にはできていたよね」っていうのを思い出して、曲を作った順に並べ変えてこの順番になりました。

──それぞれ入れたい曲はかぶりましたか?

金井 カッキーとはけっこうかぶったよね。

柿沼 そうだね。金井と俺は「Paper-craft」とか「Sweet Dreams」とかベタな曲を選んだので。真緒ちゃんは意外な選曲が多かったよね。「We have no doubt」とかさ。

東出真緒(Violin) 「これは聴いてほしいな」っていう基準で選んだらみんなと観点がちょっと違ったのかも。みんなが挙げそうな「荒狂曲“シンセカイ”」とかは候補から外して、自分がファンのみんなに聴いてほしい曲や節目になったと思っている曲を選んでみました。

2007年安井と東出が加入してBIGMAMAの歴史が始まる

──ここからは、ほぼ1年ごとにリリースしてきたアルバムを軸にBIGMAMAの活動を振り返りつつ、ベスト盤の収録曲について話を聞いていければと思います。「We have no doubt」「Look at me」「CPX」の3曲が収録されている「short films」を発売した2006年は安井さんと東出さんが加入する前ですね。

金井 曲ができたのは2人が入る前なんですが、今作に入っているテイクはこの5人で録った1stフルアルバム「Love and Leave」に入っているものです。八王子でライブをしているときにグッドモーニングアメリカ……当時はfor better, for worseでしたけど、彼らがKick Rock MUSICとつないでくれて、そのレーベルのコンピレーションアルバム「PUNK ROCK SOUNDTRACKS vol.3」にも「We have no doubt」が収録されています。「PUNK ROCK SOUNDTRACK」というタイトルのコンピにあえてメロウなこの曲を入れたのが僕らなりのパンクロック精神の現れですね。

柿沼 このアルバムにはfor better, for worse、OVER ARM THROW、GOOD4NOTHING、JANGA69とかが参加してたよね。

金井 あとFACTとかORTEGAもね。当時この辺のバンドと八王子で対バンをよくしていたんですよ。僕はいまだにあの頃のBIGMAMAの才能はすごいなと思ってるんです。「We have no doubt」を更新するような曲を作ろうとしたことは何度かあるんですけど、どうしても超える曲を作ることはできなかったですね。

柿沼 この曲は後に、全国各地で出会ったバンドたちに「あの曲はイカれてた」と言われ続けたね。

金井 そうそう。このコンピをきっかけにRX-RECORDSのボスが僕らを見つけてくれて、一緒にやっていくことになるんだけど、僕らが大学3年生の夏に就職活動をするということでメンバーが2人抜けてしまって。その2人に代わってBIGMAMAに入ってくれたのが英人と真緒ちゃん。2人が入る前はBIGMAMA史では紀元前だと思っています。RX-RECORDSに入ることが決まってUK.PROJECTのコンピレーション「…of newtypes」にも参加したね。

柿沼 「…of newtypes vol.1」に参加したバンドで言うと、TRIBAL CHAIRとよく対バンしてたね。

金井 NATURE LIVINGとかANIMOとも仲良かったなあ。「…of newtypes vol.2」になると、SPACE BOYS、ANTI×SOCIAL×STUDENTみたいな同い年組がグッと増えて。2007年はいろんなバンドと関わりを持ち始めた時期ですね。

BIGMAMA「BESTMAMA」
2017年9月6日発売 / UK.PROJECT / RX-RECORDS
BIGMAMA「BESTMAMA」

[2CD]
3240円 / RX-135~6

Amazon.co.jp

DISC 1
  1. We have no doubt
  2. Look at me
  3. CPX
  4. CHAIN
  5. Do you remember ?
  6. Neverland
  7. the cookie crumbles
  8. Cinderella~計算高いシンデレラ~
  9. 「それはきっと天使が長く勤まらない理由」
  10. "MISSION 481"
  11. Dowsing For The Future
  12. Paper-craft
  13. ダイヤモンドリング(2035/09/02)
  14. かくれんぼ
  15. I Don't Need a Time Machine
  16. No Way Out
  17. Lovescape
  18. 虹を食べたアイリス
  19. 走れエロス
  20. 荒狂曲“シンセカイ”
DISC 2
  1. 秘密
  2. until the blouse is buttoned up
  3. #DIV/0!
  4. 最後の一口
  5. アリギリス
  6. 俯瞰show
  7. Mr. & Mrs. Balloon
  8. Jeffery Campbellのスケートシューズで
  9. 春は風のように
  10. 君想う、故に我在り
  11. Sweet Dreams
  12. Swan Song
  13. No.9
  14. alongside
  15. A KITE
  16. ワンダーラスト
  17. 神様も言う通りに
  18. MUTOPIA
  19. SPECIALS
  20. (50)days of flower
BIGMAMA in BUDOKAN
2017年10月15日(日)東京都 日本武道館
BIGMAMA(ビッグママ)
BIGMAMA
金井政人(Vo, G)、リアド偉武(Dr)、柿沼広也(G, Vo)、安井英人(B)、東出真緒(Violin)からなる5人組バンド。2002年に東京・八王子で結成され、メンバーチェンジを経て現在の編成に。2006年7月にミニアルバム「short films」をUK.PROJECT傘下のレーベル・RX-RECORDSから発表し、2010年10月には“ロック×クラシック”をテーマにしたコンセプトアルバム「Roclassick」を発売した。その後も彼らはコンスタントにリリースやライブツアーを重ね、2015年2月に6枚目のオリジナルアルバム「The Vanishing Bride」を発表。同年4月から10月にかけてキャリア最長のワンマンツアー「The Vanishing Bride Tour 2015 ~消えた花嫁を探せ!~」を開催した。デビュー10周年の2016年、現体制になって10周年の2017年は「BIGMAMAnniversary 2016~2017」と題したアニバーサリー期間とし、これまで以上に精力的に活動を行っていくことを発表。2017年3月に7thアルバム「Fabula Fibula」をリリース。9月に初のベストアルバム「BESTMAMA」を発表し、10月にはキャリア初の東京・日本武道館での単独公演「BIGMAMA in BUDOKAN」を行う。