映画「アウトレイジ 最終章」PR

山里亮太が語る「アウトレイジ 最終章」|“神様”ビートたけしのエッセンスをちりばめた予想できない物語

“全員悪人”というインパクトのあるキャッチコピーとともに多くの人々に衝撃を与えた北野武の監督作「アウトレイジ」シリーズが、10月7日公開の「アウトレイジ 最終章」でついに完結。ビートたけし名義で主人公・大友を演じる北野のほか西田敏行、大森南朋、ピエール瀧、松重豊、大杉漣といった一癖も二癖もある面々が“全員暴走”していく。

ナタリーでは、お笑い、コミック、ステージ、音楽、映画と5ジャンルを横断する企画を実施。ラストを飾る映画ナタリーでは、映画好きとして知られ、バラエティ番組などでたけしと共演経験を持つ南海キャンディーズ・山里亮太にインタビューを行った。映画好きとしてだけでなくお笑い芸人としての切り口で本作の魅力を紐解くと同時に、「まさにたけしさん」だと言う大友とたけしとの共通点などを、幾度も共演してきた山里ならではの視点で語ってもらった。

取材 / 遠藤敏文 文 / 伊東弘剛 撮影 / 佐藤友昭

当分は「探偵!ナイトスクープ」を純粋な目で観れない

──「アウトレイジ 最終章」を観た感想を聞かせてください。

自分の想像していない場所やタイミングでもめ事が起き、人が死に殺され……初めて行ったテーマパークのお化け屋敷みたいな感覚で驚かされっぱなしでした。無理ゲーとか死にゲーとか言われるゲームをプレイしているときの心境になりましたね。

山里亮太

──確かに。想像を超える展開が繰り返されます。

あと大友(ビートたけし)と市川(大森南朋)の殴り込みをはじめとする戦闘シーンのど派手さがすごい。しかもそこまでの展開が「こんなところでこうなるか!」という感じで、戦闘シーンだけでも胸が高鳴るのに、自分が思いもよらないところでそれが始まるからドキドキが倍になる。

──大友が日本に帰ってきてからの流れは怒涛ですよね。

「アウトレイジ 最終章」

そうですね。あと「最終章」ということもあり、西野(西田敏行)や中田(塩見三省)、野村(大杉漣)など登場人物たちの悪意がギューっと煮詰められている。表情にモロにそれが出ていて、西田さんや塩見さんってこんな悪い顔してたっけ?と思う瞬間が何度もありました。「最終章」になって悪さが濃縮されていたなと。

──西田さん、塩見さんなど前作「アウトレイジ ビヨンド」にも出演されていた俳優さんたちの迫力に圧倒されます。

(ピエール)瀧さんがおっしゃっていた「顔面世界遺産」という言葉は過言ではない。会合や密談などのシーンは顔のアップが多いじゃないですか。そのときの圧力が異常。顔をアップで撮ってちょっと会話するだけで怖いなんてことがあるんだなあと。しばらくは純粋な目で「探偵!ナイトスクープ」(西田が出演するバラエティ番組)を観ることはできない。探偵役の橋本(銀シャリ)あたりが変な結果残したら殺されるんじゃないかと思っちゃいます(笑)。

人の死に方の選択肢ってまだあるんだ

──「アウトレイジ」過去2作はご覧になっていますか?

はい、シリーズを通して大好きです。ストレスが溜まったときなどに観ます(笑)。爽快に人が殺し合う姿を観ているとストレスが解消されるので。「アウトレイジ」シリーズの残虐なんだけど爽快な殺人シーンに惹かれます。

──確かに陰湿な雰囲気はあまり感じないですね。

「アウトレイジ ビヨンド」 ©︎2012『アウトレイジ ビヨンド』製作委員会

懲らしめられ方が最高ですよね。特に「ビヨンド」の加瀬亮さんとかこんな見せ方あるんだって驚きました。加瀬さんの役(石原)とか典型的ですけど、「アウトレイジ」ってヒステリックで嫌なやつがめちゃめちゃ出てくるじゃないですか。それで「こいつどんな殺され方するんだろう?」と期待しながら観てると自分の期待以上のやられ方をするので、「うおー、すげー!」って興奮しますね。

──「最終章」でもその感想を抱きましたか。

はい。「最終章」を観て人の死に方の選択肢ってまだあるんだって思いました(笑)。殺し方はこんないっぱいあるんだなと。「アウトレイジ ビヨンド」だと加瀬さんのシーンがそうですけど、見せ方のバリエーションもすごいですし。あと表情見えないのが逆にこんなに怖いんだとか。たけしさんの頭の中にはこれらの光景があったってことを思うと、改めてすげーなあと思います。

──「アウトレイジ」の椎名桔平さん演じる水野の死体は顔が見えないことによる怖さがあります。「たりないふたり」で山里さんとユニットを組んでいるオードリーの若林正恭さんも「アウトレイジ」シリーズがお好きだと公言されていますね。

芸人はみんな観ていると思いますよ。若ちゃん(若林)にしても僕にしても芸人をさせていただいている以上、たけしさんという神様が作ったものに触れなきゃという思いが必ずある。

「アウトレイジ 最終章」
2017年10月7日(土)全国ロードショー
「アウトレイジ 最終章」
ストーリー

元はヤクザの組長だった大友は、日本東西の二大勢力であった山王会と花菱会の巨大抗争のあと韓国に渡り、歓楽街を裏で仕切っていた。日本と韓国を股にかけるフィクサー張のもとで働き、部下の市川らとともに海辺で釣りをするなど、のんびりとした時を過ごしている大友。そんなある日、取引のため韓国に滞在していた花菱会の幹部・花田から、買った女が気に入らないとクレームが舞い込む。女を殴ったことで逆に大友から脅され大金を請求された花田は、事態を軽く見て側近たちに後始末を任せて帰国する。しかし花田の部下は金を払わず、大友が身を寄せる張会長のところの若い衆を殺害。激怒した大友は日本に戻ろうとするが、張の制止もあり、どうするか悩んでいた。一方、日本では過去の抗争で山王会を実質配下に収めた花菱会の中で権力闘争が密かに進行。前会長の娘婿で元証券マンの新会長・野村と、古参の幹部で若頭の西野が敵意を向け合い、それぞれに策略を巡らせていた。西野は張グループを敵に回した花田を利用し、覇権争いは張の襲撃にまで発展していく。危険が及ぶ張の身を案じた大友は、張への恩義に報いるため、そして山王会と花菱会の抗争の余波で殺された弟分・木村の仇を取るため日本に戻ることを決めるが……。

スタッフ

監督・脚本・編集:北野武
音楽:鈴木慶一

キャスト

大友:ビートたけし
西野:西田敏行
市川:大森南朋
花田:ピエール瀧
繁田:松重豊
野村:大杉漣
中田:塩見三省
李:白竜

白山:名高達男
五味:光石研
丸山:原田泰造
吉岡:池内博之
崔:津田寛治
張:金田時男
平山:中村育二
森島:岸部一徳

※「アウトレイジ 最終章」はR15+作品

山里亮太(ヤマサトリョウタ)
1977年4月14日生まれ、千葉県出身。しずちゃんとのコンビ・南海キャンディーズでツッコミを担当。南海キャンディーズとして第25回ABCお笑い新人グランプリや第40回上方漫才大賞で優秀新人賞を獲得するなど高く評価されているほか、2004年、2005年に出演したオートバックスM-1グランプリで知名度を上げる。ソロ活動では「たまむすび」「山里亮太の不毛な議論」といったラジオ番組、「スッキリ!!」「ヒルナンデス!」「アウトデラックス」「東大王」といったテレビ番組にレビュラー出演中。また「手裏剣戦隊ニンニンジャーVSトッキュウジャー THE MOVIE 忍者・イン・ワンダーランド」に出演したほか、「映画プリキュアドリームスターズ!」「パワーレンジャー」では声優に挑戦している。