映画ナタリー

アウトレイジ 最終章

アウトレイジ 最終章

アウトレイジサイシュウショウ

解説

北野武監督によるバイオレンス映画の第3作にして集大成となる最終章。前作の抗争後に再び起きた関西・花菱会の内部の権力争いと、そこにいみじくも巻き込まれる形になった大友の復讐の果てが描かれる。ビートたけし、西田敏行、塩見三省、松重豊ら日本を代表する強面俳優たちが続投し、大森南朋、ピエール瀧、岸部一徳らがシリーズに初参戦する。

ストーリー

関東の山王会と関西の花菱会の巨大抗争後、元大友組組長の大友は韓国へ渡り、日韓の裏社会を仕切る張会長の下にいた。ところが花菱会の若手幹部の花田が、大友が仕切る韓国のシマで大問題を起こす。これに怒りが収まらない大友と手下は韓国から日本へ向かう。

2017年10月7日(土)公開[R-15] / 上映時間:104分 / 製作:2017年(日本) / 配給:ワーナー・ブラザース映画=オフィス北野

(C)2017『アウトレイジ 最終章』製作委員会

(C) PIA

アウトレイジ 最終章のニュース

映画ナタリーをフォロー