映画ナタリー Power Push - 「ザ・コンサルタント」"

会計士と殺し屋、2つの顔を持つ謎の男。新たなアンチヒーローの正体とは──?

「ザ・コンサルタント」作品紹介

若杉公徳インタビュー

全米映画ランキング初登場NO.1を記録したサスペンスアクション「ザ・コンサルタント」が1月21日に全国公開される。バットマン役でおなじみの主演ベン・アフレックが挑んだ新たなヒーローは、田舎町で会計コンサルタントとして働く無口な男クリスチャン・ウルフだ。しかし、彼は国際的な指名手配犯たちを顧客に巨額を稼ぐという裏の顔を持ち、同時に無敵の暗殺術を体得した殺し屋でもあるのだった……。

映画ナタリーでは、会計コンサルタントと殺し屋、2つの顔を持つ謎の男ウルフを解剖。また、サスペンスとアクションという映画を貫く2つの軸に注目し、本作の魅力を紐解く。さらに、マンガ「デトロイト・メタル・シティ」で知られる若杉公徳が登場。 自身の作品と絡めたエピソードや映画の魅力について語ってもらった。

文 / 小澤康平

クリスチャン・ウルフ徹底解剖

天才的な頭脳と無類の暗殺スキルをあわせ持ったクリスチャン・ウルフ。会計コンサルタント、殺し屋という2つの側面からウルフの人物像を解き明かすとともに、彼の持つ比類なき能力に迫る。

会計コンサルタント

数学の天才
クリスチャン・ウルフ(ベン・アフレック)

ウルフは天才的な頭脳の持ち主であり、特に数学に関しては規格外の能力を有している。大手電子機器メーカー15年分の帳簿を、部屋の壁や窓に何千もの数字を書き記しながらたった1日で調べ上げてしまう。仕事には自分1人で取り組む主義で、他人とのコミュニケーションを苦手としている。

世界中の指名手配犯たちが顧客
クリスチャン・ウルフ(ベン・アフレック)

麻薬カルテル、武器商人、殺し屋といった犯罪者たちを顧客に抱えるウルフ。非凡な会計術を用いて裏社会の帳簿を仕切る彼の年収は1000万ドルに達する。アメリカ政府はウルフの存在に目を付け、身元を洗い出そうとしているが、いまだに正体をつかめていない。

殺し屋

凄腕のスナイパー
クリスチャン・ウルフ(ベン・アフレック)

ウルフは1500m先の標的を的確に撃ち抜く練達のスナイパーだ。劇中には、彼が顧客である老夫婦の家の庭で狙撃を行うシーンが登場。はるか遠く離れたターゲットを狙う姿を見て、老夫は失笑するのだが、ウルフは標的のすべてを正確に撃ち抜く。そしてその手腕は、殺し屋として仕事を実行するとき最大限に発揮されるのである。

プンチャック・シラットの達人
クリスチャン・ウルフ(ベン・アフレック)

ウルフは独特の戦闘スタイルを持っている。それはインドネシアを中心とするマレー地域で発祥し、1000年の歴史を持つ伝統武術プンチャック・シラットだ。武装して襲いかかってくるマフィアたちを、極めて様式化された動きでなぎ倒していく。なぜウルフはこのような専門的な武術を身に着けているのか? それは彼の生い立ちに秘密があるのだった。

クリスチャン・ウルフの目的とは?

類まれな知能、あまりにも危険な顧客たち、傑出した殺しの腕前を持つクリスチャン・ウルフの目的とはなんなのか。なぜ彼はこのようなスキルを有しているのだろう? そして、国に追われてまで危険な仕事に手を出す理由とはいったい……?