コミックナタリー

益田ミリ「こはる日記」普通の女の子が中学、高校時代を通していろいろ考える

61

益田ミリがダ・ヴィンチ(KADOKAWA)にて連載していた「こはる日記」の単行本が、本日10月20日に発売された。

「こはる日記」はごく普通の女の子・こはるを主人公に、彼女が過ごす中学生から高校生にかけての日々を見せる思春期作品。友達と中身のない会話をして笑ったり、大人になるということに漠然とした不安を感じたり、何気なく過ぎていく毎日の中でゆれ動く10代の繊細な感情を描き出している。

コミックナタリーをフォロー