コミックナタリー

アニメスタジオTRIGGERの5年半を振り返る総力特集をデザイン誌MdNで

3963

月刊MdN(エムディエヌコーポレーション)が、4月6日に発売される5月号にてアニメーションスタジオ・TRIGGERの特集を組む。

立ち上げから5年半と業界内ではまだ若いスタジオでありながら、挑戦的かつ多様なオリジナル作品を次々に発表しているTRIGGER。現在放送中の「リトルウィッチアカデミア」をはじめ「キルラキル」「キズナイーバー」など、その作品の多くはコミカライズも展開されている。スタジオ設立5周年記念作品「宇宙パトロールルル子」では、マンガ家としても活動するイラストレーター・まごがキャラクターデザインを手がけていた。

MdNの特集では「リトルウィッチアカデミア」の制作現場を詳細にレポート。第10話「蜂騒ぎ」で披露されたドレス姿を見本に解説するキャラクターの色彩設計についてや、映像制作のワークフロー、絵コンテなども公開し、作画監督・半田修平のインタビューも掲載される。そのほかにも主要作品の紹介や、すしお、雨宮哲錦織敦史、コヤマシゲト、中島かずきらスタジオを支えるクリエイターの紹介、TRIGGER原作タイトルに登場するキャラクターの図鑑、制作スタジオの写真と社内マップなども披露。大塚雅彦代表・今石洋之監督が、TRIGGER設立前のGAINAX時代からスタジオの歴史を振り返るロングインタビューも行われている。

コミックナタリーをフォロー