コミックナタリー

子供と大人の境目を描く、長野香子の短編集「ミアのケーキは甘すぎる」

269

ハルタ(KADOKAWA)やFellows!、Fellows!(Q)(ともにエンターブレイン)に掲載された、長野香子の短編を集めた1冊「ミアのケーキは甘すぎる」が、本日3月15日に刊行された。

表題作「ミアのケーキは甘すぎる」は、寒い地方のある村を舞台にした物語。家族がいないも同然のペーターと、兄妹のように育ったミア。ミアはいつまでもペーターと一緒だと思っていたが、村に妖艶な歌姫・エヴァが公演に訪れたことで、2人の関係に変化が訪れる。

そのほか同書には、家1軒を貸し切ったパーティーで起きた出来事を複数の視点から描いた「パーティーセット!!」など、子供と大人の境目を切り取った7篇の物語を収録している。

コミックナタリーをフォロー