コミックナタリー

難聴の大学生描くBL「ひだまりが聴こえる」主演は多和田秀弥&小野寺晃良

3221

映画「ひだまりが聴こえる」告知画像

映画「ひだまりが聴こえる」告知画像

文乃ゆきのBLを原作とする映画「ひだまりが聴こえる」のキャストが決定した。

突発性難聴のため耳が不自由で人付き合いの苦手な大学生・杉原航平役は、「ミュージカル『テニスの王子様』2ndシーズン」の手塚国光役や、「手裏剣戦隊ニンニンジャー」キンジ・タキガワ/スターニンジャー役などを務めた多和田秀弥が担当。一方、活発で友達思いの同級生・佐川太一役をドラマ「臨床犯罪学者 火村英生の推理」や映画「HIGH&LOW THE RED RAIN」などに出演していた小野寺晃良が演じる。監督は劇団EXILE松組映画プロジェクト第1弾「KABUKI DROP」で長編デビューした上條大輔。文乃は「実写化ということで、漫画とはまた違った景色が見られるのかとても気になります。完成を楽しみにしております」と期待のコメントを寄せた。

「ひだまりが聴こえる」は、難聴のせいで何かと誤解され周囲とうまく馴染めない大学生・航平と、明るい性格の同級生・太一、2人の関係を描くBL。BLアンソロジー・Canna(プランタン出版)にて連載され、続編「ひだまりが聴こえる ―幸福論―」の単行本も発売中だ。なお本日10月22日に発売された同誌Vol.50では、新章「ひだまりが聴こえる ―リミット―」がスタートした。

文乃ゆきコメント

実写化ということで、
漫画とはまた違った景色が見られるのかとても気になります。
完成を楽しみにしております。

映画「ひだまりが聴こえる」

監督:上條大輔
原作:文乃ゆき(プランタン出版)
出演:多和田秀弥小野寺晃良

製作:「ひだまりが聴こえる」製作委員会
制作プロダクション:ブースタープロジェクト
配給:日本出版販売

(c)文乃ゆき/プランタン出版 (c)2017「ひだまりが聴こえる」製作委員会

コミックナタリーをフォロー