コミックナタリー

「いい百鬼夜行」の川西ノブヒロが、青柳碧人の小説で装画を担当

125

川西ノブヒロが、青柳碧人による小説「玩具都市弁護士(トイ・シティ・ロイヤーズ)」の装画を手がけた。明日2月19日に講談社の小説レーベル・講談社タイガから発売される。

「玩具都市弁護士」の舞台となるのは、知能と感情を持つ玩具が生み出され40年が過ぎた世界。人に捨てられ荒んだ玩具と落ちぶれた人間が集まる街「悪魔のおもちゃ箱」でパン屋を営む元弁護士・ベイカーのもとに、玩具が弁護の依頼をしにきたことから物語は始まる。川西が小説の装画を担当するのは今作が初。

川西は「機械少年メカボーイ」や「かぐや」シリーズを代表作に持つ作家で、現在は講談社文芸第三出版部のTwitterアカウントにて「いい百鬼夜行」を連載中。同作は今春の単行本化が予定されている。

コミックナタリーをフォロー