キリン・ザ・ストロング PR

たむらけんじ×「キリン・ザ・ストロング」|キンキンに冷やしたハードコーラは「お、ええ甘みやん!」

アルコール度数9%で、グッとくる飲みごたえと突き抜ける爽快感が特長の「キリン・ザ・ストロング」シリーズがリニューアル。その魅力を伝えるべく、グルメとしても知られるたむらけんじへこのたびインタビュー取材を実施した。

たむけんは、お笑いナタリーの特集ページ初登場となる。事前に試飲してもらったうえで、「キリン・ザ・ストロング」のおいしさや自身のお酒との付き合い方のほか、大阪を拠点としながら東京でも活動する仕事ぶり、活躍する同期芸人への思いなどを尋ねた。

取材・文 / 成田邦洋 撮影 / 塩崎智裕

商品ラインナップは「キリン・ザ・ストロング 超爽快ドライ」「キリン・ザ・ストロング 本格レモン」「キリン・ザ・ストロング ハードコーラ」「キリン・ザ・ストロング ホワイトサワー」の4種類。2019年2月製造品より順次リニューアルされ、「いい日も、悪い日も、なんにもない日も、本日も気持ちよくおしまいっ」をコンセプトに販売されている。期間限定フレーバーも続々とリリースされる予定だ。

たむらけんじインタビュー

暑くても寒くてもお酒はキンキンで

──まずは、たむけんさんのお酒との付き合い方を教えていただけますか?

たむらけんじ

僕は食べることが好きなので、食べ物とおいしいお酒をセットで楽しんでいます。1日仕事したあとに、ベタですけどご褒美的に飲みたい。「この仕事が終わったら、おいしいお酒が飲めるなあ」と思えば仕事もがんばれるので、お酒があってくれてよかったです。なかったら、とうの昔にこの仕事をやめてるかもしれない(笑)。それくらいお酒は、癒やしてくれる、ほんわかさせてくれる存在です。自分的にはいい酔い方をすると思っていて、とにかく楽しく飲んでいます。

──外飲みと家飲みとでは、どちらの機会が多いでしょうか?

家飲みでバーベキューをよくするんですよ。芸人はもちろん、大ファンのオリックス・バファローズやガンバ大阪の選手も家に来ています。あと、お花見を以前よく主催していて、あるとき誰かが「たむらさん、パエリア作ってる奴います」って言ってるの聞いたんです。「え、パエリアを花見で作ってるの? 誰やねんそれ?」って見たら、まだ無名だった頃のたけだバーベキューでした(笑)。「これだけできたら仕事になるでー」って言ってたら、あれよあれよと人気者に。そういう場でもみんなでお酒を飲んでます。

──そういう場で飲まれる際の、たむけんさん流の「こうしたらもっとお酒がおいしくなる」といったこだわりは何かありますか?

お酒がキンキンに冷えていることが一番大事です。とにかく凍る寸前にしたい。だから僕主催の飲み会のときは、いつも板氷を準備しています。板氷をクーラーボックスの下に敷いて、その上に缶チューハイや缶ビールを置いて。そこから缶を取り出したらキンキン。外が暑くても寒くても、とにかくキンキンがいいです。

マジで甘さのバランスがちょうどいい

──そんなたむけんさんに「キリン・ザ・ストロング」の中から「ハードコーラ」を事前に試飲していただきました。ご感想は?

たむらけんじ

「キンキンに冷やして缶のままで飲む」という飲み方と、「氷を入れたコップに注いで飲む」という飲み方の2種類を試してみたんです。僕はどちらかというとキンキンに冷やして缶のままで飲むほうがおいしかったです。爽快感と炭酸感がめちゃくちゃありました。

──「キリン・ザ・ストロング」はアルコール度数が9%で“ストロング系”とも呼ばれています。最近人気のこういった高アルコール飲料について、たむけんさんはどう捉えてらっしゃいますか?

(しみじみと)もうね、これはありがたいですよ。若い頃ってお金ないじゃないですか。何本も買えないんですよ。缶チューハイ1本、9%で満足させてくれたら、こんなありがたいことはないです。若手芸人とかはたまらんでしょう。みんな絶対ストロング系を買いますよ。「エエの出たわ」って言うてると思います。

──ちなみにコーラは普段飲まれますか?

たまに飲みたくなります。僕、最初「ハードコーラ」と言われて、イメージ的に「甘ったるいのかな?」と思ったんです。この年になると甘いチューハイはあまり多くは飲めないなあと。でも、これはマジで甘さのバランスがちょうどよかった! アルコール感とコーラ感はもちろん味わえますし、すっきり感があった。舌に甘いのが残らなくて飲みやすかったです。「お、ええ甘みやん!」と思いました。

──「ハードコーラ」に合うおつまみとしては、どんなものが挙げられるでしょう?

ちょうど最近、大阪のお店でシェリー酒を飲みまして、そのときドライフルーツのいちじくの上に甘く煮たりんごを乗せて、上からアクセントで黒コショウをかけたものが出てきたんですよ。それが合うんちゃうかな?

──たむけんさんといえばおなじみの焼肉にも合いますか?

焼肉にもバッチリ合います! 舌の上をスッキリさせてくれそうなので。ドライフルーツのいちじくよりも先に焼肉って言うといたらよかったな(笑)。

松本人志に誘われた「めんたいぴりり」でいい日

──「キリン・ザ・ストロング」は「いい日も、悪い日も、なんにもない日も、本日も気持ちよくおしまいっ」をコンセプトとしています。たむけんさんの飲み方と、このコンセプトに重なる部分はありますか?

たむらけんじ

これは、まさに僕が最初に言うたことですよね。「1日仕事したあとに、ご褒美的に飲みたい」と。別にキリンさんのホームページで予習していたわけじゃないですよ(笑)。バッチリ合いましたね。また1日の締めという意味では、ビールから始まって、最後にハードコーラという流れで飲んでもいいのかなと思います。

──最近のたむけんさんに「キリン・ザ・ストロング」が飲みたくなるような「いい日」があれば、具体的に教えていただけますか?

(博多)華丸兄さんの舞台「めんたいぴりり」を観たんです。ダウンタウンの松本(人志)さんが「めんたいぴりり」のファンで、ドラマも映画も舞台も「俺は全部観てるから」とおっしゃっていて。松本さんに誘ってもらって福岡で見せてもらったんですけど、まあ素晴らしくて面白かったです! 華丸兄さんの演技がいいんですよ。しかもその舞台を観た1週間後、また福岡の屋台で華丸兄さんと飲んでたら、そこに華丸兄さんの奥さん役で出演してる酒井美紀さんが来たんですよ! きれいだったなあ。しかも僕のインスタもチェックしてくれてたんです。これはお酒もおいしい「いい日」でした!

──この「ハードコーラ」、特にどんな世代や職業の方にオススメできるでしょうか?

僕よりもちょっと若めの35歳から38歳までの敏腕サラリーマンに飲んでほしいです。「これから行くで! この会社の中で幅利かせていくよ!」っていう野望を持っているような。きっと勢いを付けてもらえると思います。