お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

ふかわりょう、音楽活動に決断「ROCKETMANを、なくそう」

159

ふかわりょうが、自身のレーベル「テノヒラレコード」を立ち上げ、7月24日に“ryo fukawa”名義でアルバム「life is music」をリリースする。

ふかわは自身のオフィシャルブログで「ROCKETMANを、なくそう」と、これまでの“ROCKETMAN”ではなく、“ryo fukawa”名義で活動していこうという決断に至った経緯を説明。「自分の力を、音楽の力を、試したくなったのです」と心境の変化を丁寧に綴っている。

アルバムはハウス、エレクトロに加え、クラシックやシャンソンの要素も散りばめられた多彩な仕上がりとなっており、収録曲の「愛のガチモード」は7月3日にiTunes Storeにて限定先行配信される。決意を新たにしたふかわりょうの今後の音楽活動に、ぜひ注目しよう。

ふかわりょうオフィシャルブログより抜粋

文明によってさまざまな時間が短縮されているけれど、その力ではどうにもならないものもあるなかで、僕の場合、13年かかりました。月日を重ねて築き上げるもの。それは、ひとつの決断に至るまでの時間。
「ROCKETMANを、なくそう」
芸人さんがコントをする際に、カツラをかぶったりメガネをかけたり、なにかひとつ記号を加えることによって、それがフィクションだというサインにもなりますが、なにより、その世界に入りこむ足がかりになります。僕にとっていわばそれにあたるわけで、「ROCKETMAN」と名乗ることで、音楽の世界に入り、動きやすくなる。気持ちの整理がつく。そんな役割を担ってきたのですが、ここへ来て、心境に変化が生じてきました。重大な記号を、「なくてもいいかな」と思うようになったのです。
これから発表するものは「ROCKETMAN」ではありません。ラジオ番組もありますし、DJネームなど、まったくそれがなくなるわけではありませんが、目にする機会は減ると思います。「ryo fukawa」にしたのは、海外の人でもわかるため。自分の力を、音楽の力を、試したくなったのです。

ryo fukawa「life is music」収録曲

1. Goodbye to love
2. everynight
3. ordinary morning
4. walkin' in the sunshine
5. Mermaid feat.Cana
6. My favorite things remix
7. la mer remix
8. Goodbye to loveⅡ
9. the sound of stars
10. ALL I WANT IS MY MUSIC
11. life is music
12. 亡き王女のためのパヴァーヌ remix
13. end of summer
14. 愛のガチモード

※記事初出時、本文に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

お笑いナタリーをフォロー