ミキ亜生が明かす撮影中の粗品監督「はあっ…ああー!」声が入って撮り直し、「遠くおったで?」

963

本日2月19日、オムニバス映画「半径1メートルの君~上を向いて歩こう~」の完成記念記者会見が東京・よしもと有楽町シアターにて開かれ、同作に参加する霜降り明星・粗品、ミキ亜生、ジャルジャルハリセンボン春菜、品川庄司・品川、ロバート秋山が出席した。

「半径1メートルの君~上を向いて歩こう~」完成記念記者会見の様子。前列左から品川庄司・品川、ロバート秋山、ミキ亜生、霜降り明星・粗品。後列左から、ハリセンボン春菜、ジャルジャル。

「半径1メートルの君~上を向いて歩こう~」完成記念記者会見の様子。前列左から品川庄司・品川、ロバート秋山、ミキ亜生、霜降り明星・粗品。後列左から、ハリセンボン春菜、ジャルジャル。

大きなサイズで見る(全20件)

霜降り明星・粗品(左)とミキ亜生(右)。

霜降り明星・粗品(左)とミキ亜生(右)。[拡大]

2月26日(金)公開のオムニバス映画「半径1メートルの君」は、各話2人の主人公による“心の濃厚接触”を描くショートストーリー集。このうちの「同度のカノン」で粗品が映画の脚本、監督に初挑戦しており、イベントではキャストの亜生と共に「2分に1本走る」という電車の音に悩まされた撮影について振り返った。

セリフをミスしたときのミキ亜生を真似する霜降り明星・粗品(左)。

セリフをミスしたときのミキ亜生を真似する霜降り明星・粗品(左)。[拡大]

亜生が現場での粗品の様子を「けっこう(会話の)キャッチボールするシーンがあったんですけど、うまいこといったら監督が『は、は、はあっ……ああー!』とか言う。それで音声さんが『おい入ってる、入ってる』って言って、撮り直しになった」と明かすと、うまくいくよう祈るように見守っていたため、いいシーンが撮れて興奮してしまったと言い訳する粗品。「知らんからね、自分の声が入るって。遠くおったで?」ととぼけ顔を見せたかと思えば、セリフを間違えるといちいち部屋から出て、気持ちを切り替えて戻ってくるときの亜生をしつこくモノマネして反撃する。2人は「(亜生のモノマネで)『あーごめんなさい』……。はよ来いや!」(粗品)、「こいつが考えたセリフ回しが複雑で!」(亜生)と終始言い合いで、最終的に亜生は「最低の映画です!」と暴言。しかし最後は「内容言いたいけど、ちょっとでも触れるとこの人キレるんで(笑)。でもほんまに観てもらいたい! 10分でちゃんと面白い」と本音で魅力を語り、粗品を「いいねえ。いい。いいねえ!」と喜ばせていた。

ジャルジャル

ジャルジャル[拡大]

ジャルジャル福徳は「まわりくどい二人のまわりくどい気持ちの伝え方は大胆でむしろまわりくどい」で映画の脚本を初めて担当。「今好きな人がいて……」とSNSのコメント欄に綴られている恋の悩みを見て、「これは大胆でむしろ回りくどいなと思いまして。もし意中の人に見られたら一発でわかる。それがちょっとヒントになりました」と着想を明かし、同作で白石聖と共演している後藤は「福徳が書いたものなので、あんまり変えずに脚本そのままやらせてもらおうと。味付けなしで忠実にやりました」と演じる際の心がけを語った。

「甘味裁判官 あんみつ先生」ドラマ化に意欲を見せる品川庄司・品川(左)。

「甘味裁判官 あんみつ先生」ドラマ化に意欲を見せる品川庄司・品川(左)。[拡大]

品川は銭湯を舞台にラップバトルが繰り広げられる「戦湯~SENTO~」の脚本、監督を担当している。キャストの般若が撮影に向けて肉体を鍛えてきたというエピソードを聞くと、秋山も「ご覧の通り仕上げてきました」と貫禄のあるボディをアピール。「前々日に日焼けサロンを一発ぶちかましてます。前日だと赤らむので、前々日がいい」と肌の色に関しても抜かりないと話す。去り際には、ジャケットの中に着ていた「甘味裁判官 あんみつ先生」のTシャツを見せて「架空ドラマ番宣」を披露。「決まってもないです。脚本もない。ただただこの一言ボケをしたかっただけ。これはないんですけど、『戦湯』はある。あるほうを観ましょ」とメッセージを送った。この「架空ドラマ番宣」用のTシャツは50種類ほどあるという。

ハリセンボン春菜

ハリセンボン春菜[拡大]

春菜は「バックヤードにて」で友人でもある水川あさみと共演した。「水川さんとお芝居をするのが久しぶりで、笑っちゃうのかなと思ったけどさすが女優さん。その切り替えと雰囲気作りがすごくて、引っぱってもらった」と水川についてコメント。「水川さんは撮影にバナナとみかんを持ってきていて、自分で“ゴリラセット”って言っていて。私が朝ごはんを忘れてお腹空かして食べ物を探していたら、バナナを分けてもらった。そんなゴリラの親子みたいなやり取りがありました(笑)」と楽しげなエピソードも紹介した。

この記事の画像(全20件)

半径1メートルの君~上を向いて歩こう~

「本日は、お日柄もよく」

出演:ナインティナイン岡村 / 豆原一成(JO1)
脚本:丑尾健太郎
監督:山内大典

「同度のカノン」

出演:海宝直人 / ミキ亜生
脚本・監督:霜降り明星・粗品

「やさしい人」

出演:倉科カナ / チュートリアル徳井
脚本:高須光聖
監督:山内大典

「真夜中」

出演:小池徹平 / シソンヌじろう
脚本:ピース又吉
監督:紙谷楓

「まわりくどい二人のまわりくどい気持ちの伝え方は大胆でむしろまわりくどい」

出演:白石聖 / ジャルジャル後藤
脚本:ジャルジャル福徳
監督:山内大典

「戦湯~SENTO~」

出演:般若 / ロバート秋山
脚本・監督:品川ヒロシ

「とある家のこと」

出演:松井玲奈 / 南海キャンディーズしずちゃん
脚本:3時のヒロイン福田
監督:紙谷楓

「バックヤードにて」

出演:水川あさみ / ハリセンボン近藤
脚本:上田誠(ヨーロッパ企画)
監督:紙谷楓

全文を表示

関連記事

ミキのほかの記事

リンク

(c)「半径1メートルの君~上を向いて歩こう~」製作委員会

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 ミキ / 霜降り明星 / ジャルジャル / ハリセンボン / ロバート / 品川庄司 / ナインティナイン / 斉藤和義 / シソンヌ / チュートリアル の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。