お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

「島ぜんぶでおーきな祭」に芸人主演映画続々、音楽Pのくっきーや脚本家じろうも

191

「島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭」概要発表会見後のフォトセッションの様子。

「島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭」概要発表会見後のフォトセッションの様子。

「島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭」の概要発表会見が本日3月20日、東京・吉本興業東京本部にて開かれ、ブラックマヨネーズ小杉、宮川大輔野性爆弾くっきー、NON STYLEシソンヌじろう、ガンバレルーヤよしこ、鉄拳といった芸人たちが出席した。

4月19日(木)から22日(日)まで、沖縄県那覇市を中心に各地でさまざまなイベントを展開する「島ぜんぶでおーきな祭」。特別招待作品にガレッジセール・ゴリが照屋年之名義で監督を務めた「洗骨」や、ジャングルポケット斉藤が出演する「レオン」などがラインナップされている。

また「TV DIRECTOR'S MOVIE」には芸人が多数参加。NON STYLE石田が脚本、井上が主演する「耳を腐らせるほどの愛」、ピース又吉の舞台を原作とする「凜」、鉄拳のパラパラマンガが原作の「家族のはなし」、宮川大輔主演の「サクらんぼの恋」、ガンバレルーヤよしこの初主演映画「Bの戦場」、シソンヌじろう脚本の「美人が婚活してみたら」、くっきーが音楽プロデューサーを務める劇場版「ドルメンX」、おかけんたがアートプロデューサーを担当する「分福茶釜」が同映画祭で上映される。

「桜坂映画大学」と題したイベントではくっきーが手がけたドラマ「ソドム団長とゴモラ人間」や、ピース又吉原作、板尾創路監督の「火花」が題材に。このほか、「地域発信型映画」にも多くの芸人が出演する。

会見では例年通りガレッジセールが司会を担当。よしこが「絶世のブス」という役柄に「いまいちピンと来てなくて。役作りがとても大変」と困り顔をすると、ゴリは「あとで鏡を送りたいと思います」とコメントして笑いを誘った。速水もこみちとの共演については「普段女性ホルモンが崩れているので、(撮影で速水に会うと)とても整います」とよしこ。「撮影に行くのがメンテナンスになっている」と顔を緩ませた。同じく映画主演を果たす大輔は「45歳の童貞(役)ってめっちゃむずい。悶々としてる感じは出しました」と全身に力を入れるような動きを披露。キスシーンもあるといい、「(相手は)本当にすごい女優さんです」と期待させた。

彼らが大役を任された苦労や手応えを明かす一方で、ノンスタ井上は主演にもかかわらず「演じた記憶がない」と苦笑いする。そんな井上の演技を石田は「ユニークでした」の一言で片付け、「(劇中の井上は)ほぼ同じポーズです」と想像させた。今回、音楽プロデューサーとして会見に登壇したくっきー。「多才なところ見せちゃった」と笑顔で、「ピアノの鍵盤を指で叩いた瞬間曲って生まれるんだよね」とうそぶいてみせる。続いてじろうは「結婚していない女性たちに観ていただき、共感してもらえればいいなと思って、おじさん、がんばって書きました」とアピールした。

お笑いナタリーをフォロー