シソンヌじろうが映画脚本、大九明子監督とタッグ「美人が婚活してみたら」

5

459

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 104 299
  • 56 シェア

とあるアラ子のマンガ「美人が婚活してみたら」の映画化が決定。この脚本をシソンヌじろうが手がけることが明らかとなった。

シソンヌじろう

シソンヌじろう

大きなサイズで見る(全7件)

「美人が婚活してみたら」は作者の友人であるアラサー美女の実話がもとになっているドタバタ婚活劇。監督は「勝手にふるえてろ」で知られる大九明子が監督を務め、黒川芽以が主人公のタカコを演じる。

タカコは仕事にも容姿にも恵まれている美女だが、付き合う男性は既婚者ばかり。ある大きな恋を終えたことで燃え尽き症候群になってしまい、まともな恋愛ができなくなっていた。親友のマンガ家・ケイコに「なんかやりたいことないの?」と聞かれ、「結婚したい!」と思い立った彼女は一念発起して婚活サイトに登録してみることに。「結婚すれば幸せになれる」と、大事なものを見失っていくタカコに対してケイコは次第に怒りを募らせる。婚活が難航する中、親友関係も揺らぎだし、果たしてタカコは本当の幸福を見出だせるのか。

今作について「コントを作り続けていたら映画の脚本の話が来ました。30代の美人な女性の心情を、40代の中年男性が描きます。描けますか? 描けました。映画館に観に来て下さい」とコメントを寄せたじろう。現在、連続ドラマ「卒業バカメンタリー」(日本テレビ)で脚本を担当しており、またWebマガジン「雛形」で女性の人生を妄想して綴る「あの子が故郷に帰るとき」を連載している。

この記事の画像(全7件)

読者の反応

  • 5

おさしみ食べ放題 @sashimisui

シソンヌじろうが映画脚本、大九明子監督とタッグ「美人が婚活してみたら」 - お笑いナタリー https://t.co/6nIP3dkyKn

コメントを読む(5件)

関連記事

シソンヌのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 シソンヌ / とあるアラ子 / 黒川芽以 / 大九明子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。