お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

ピース又吉の舞台「凜」が10年越しに映画化、佐野勇斗と本郷奏多の主演で

1055

ピース又吉の原作舞台「凜」が、佐野勇斗本郷奏多を主演に迎えて映画化されることがわかった。

「凜」は2007年12月に東京・神保町花月で上演された作品で、神隠しの伝説が伝わる村の高校を舞台にした青春群像サスペンス。映画版で又吉は脚本と監修を担当する。監督を務めるのはTBSテレビ制作局ドラマ制作部の池田克彦。佐野は真面目でどこか達観している現代っ子の高校生・野田耕太を、本郷は不思議な転校生・天童を演じる。

公開は2018年度を予定。なお全国公開に先立ち、4月19日(木)から22日(日)に沖縄県内で実施される「島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭」で上映される。

お笑いナタリーをフォロー