ビートたけし「ボクらの時代」で明大OB鼎談、リーダー哲学語る

1

134

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 31 56
  • 47 シェア

明後日9月3日(日)放送の「ボクらの時代」(フジテレビ・関西テレビ系)にて、ビートたけし、プロ野球・楽天球団副会長の星野仙一、元ラグビー日本代表の松尾雄治が鼎談を展開する。

「ボクらの時代」に出演する、ビートたけし、星野仙一(右)、松尾雄治(左)。(c)フジテレビ

「ボクらの時代」に出演する、ビートたけし、星野仙一(右)、松尾雄治(左)。(c)フジテレビ

大きなサイズで見る(全2件)

「ボクらの時代」のワンシーン。(c)フジテレビ

「ボクらの時代」のワンシーン。(c)フジテレビ[拡大]

3人はいずれも明治大学のOBで「ボクらの時代」初出演。収録は母校の明大駿河台キャンパス内で行われた。各分野でリーダーとして活躍してきた3人は、人の上に立つことの難しさや面白さなどを語る。たけしは松尾に以前「10人中、5、6人が賛成しないといけないのか? 1人でも2人でもいいと言ったら、それでいいんだ!」と持論を展開したという。そこに込められた、たけし流のリーダー哲学とは。

また現在のお笑い界について、たけしは「昔より技術は上」と認める一方、芸人養成学校の存在に触れ「今は数が多すぎて飛び抜けていけない。先輩後輩はあるけど、師弟関係がなくなっている」と指摘。芸人やプロ野球選手が真面目になった要因の1つとして、メディアの変化にも触れる。

そのほか学生時代の話や母親への思い、子育て論も。フジテレビの塩田千尋プロデューサーはこの放送について「番組がスタートして10年。念願のたけしさんに、ようやくご出演いただきました。粘り強く、待つものですね。感謝の思いとともに、収録の場に立ち会いました。一流の方たちのトークは、最高です。なにゆえ彼らが一流なのか、番組をご覧いただいて、ぜひ感じていただければ」とコメントしている。

この記事の画像(全2件)

ボクらの時代

フジテレビ・関西テレビ系 2017年9月3日(日)7:00~7:30
<出演者>
ビートたけし / 星野仙一 / 松尾雄治

全文を表示

読者の反応

  • 1

お笑いナタリー @owarai_natalie

ビートたけし「ボクらの時代」で明大OB鼎談、リーダー哲学語る https://t.co/b3GIrxrHwZ https://t.co/W9SlngD6Bz

コメントを読む(1件)

ビートたけしのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 ビートたけし の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。