お笑いナタリー - お笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信

スーパーマラドーナ悲願のM-1決勝に意欲「今年は正直、面白いネタができた」

291

スーパーマラドーナ

スーパーマラドーナ

12月6日(日)に行われる「M-1グランプリ2015」(ABC・テレビ朝日系)決勝を前に、お笑いナタリーではファイナリスト8組のコメント取材を実施。決勝ステージの出番順に1組ずつ紹介している。

本日はよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のスーパーマラドーナ。2003年から「M-1」に出場し続けており、うち5回準決勝進出を果たす。2010年に1度「M-1」が終わったのち、2011年には「第41回NHK上方漫才コンテスト」優勝、「第9回MBS新世代漫才アワード」優勝の2冠を手にしている実力派コンビに意気込みを聞いた。

スーパーマラドーナ コメント

──決勝進出が決まった今の感想は?

武智:うれしいのひと言ですね。以前の「M-1」にも出させてもらっていたんですけど、準決勝までは行けても決勝への壁が見えないぐらい高くて。参加はしつつも、決勝へは行かれへんものやと思ってました。

田中一彦:僕は行けるんちゃうかなって思ってました。

──ほかのファイナリスト7組を見てどう思いましたか?

武智:やっぱり全部強いなー、という感じですね。和牛とか銀シャリは大阪で一緒にやっているので、手の内がわからないこともないんですけど、東京から出場している芸人さんは何してくるかわからないから怖いです。

田中:なんか、おっちゃんばっかりやなと思いました。テレビ的に大丈夫なんかなと気になりました。

武智:お前もや! そんでこのメンバーでテレビ的に一番アカンの俺らや!

──準々決勝ではMCの月亭八光さんに「唯一、緊張感がなかったのはスーパーマラドーナの田中だけ」と言われていましたが。

田中:あれはリラックスというか、暇すぎたんです。楽屋にしゃべれる人がいなかったんで、ポツンとしてただけなんですよ。それをリラックスしてると勘違いされたんでしょうね。

──優勝賞金1000万円の使い道は?

武智:1000万円は魅力的ですけど、使い道はあまり考えてないです。おごってほしい人はどんどん電話してこいって感じですね。優勝の称号はほしいです。

田中:僕は2年後、3年後に仕事がなくなってくると思うので貯金しときます。

──お笑いナタリーの読者に向けて意気込みやメッセージをお願いします。

武智:今年は正直、面白いネタができたと思っています。それで決勝に行けたので作った甲斐があったなと。優勝とかいろいろありますけど、まずはみなさんにネタを観て面白いと思ってほしいです。僕らの存在すら知らない人もおると思うので、「M-1」を観て「こんな面白いやつがおったんや」と知ってもらえたら一番ありがたい。

田中:意気込み……? 特にないですけど、一生懸命がんばります。

武智:すみません、こういうやつなんです。たぶん眠たいんやと思います(笑)。

M-1グランプリ2015

ABC・テレビ朝日系 2015年12月6日(日)18:30~21:00
MC:今田耕司 / 上戸彩
出場者:メイプル超合金 / 馬鹿よ貴方は / スーパーマラドーナ / 和牛 / ジャルジャル / 銀シャリ / ハライチ / タイムマシーン3号 / 敗者復活戦を勝ち抜いたコンビ

お笑いナタリーをフォロー