お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

なだぎ武、映画イベントで「透視能力で千原ジュニアの嫁の顔見てみたい」

54

「Mr.マックスマン」初日舞台挨拶の様子。

「Mr.マックスマン」初日舞台挨拶の様子。

昨日10月17日、映画「Mr.マックスマン」の初日舞台挨拶が東京・イオンシネマ板橋にて行われ、なだぎ武千葉雄大山本美月久保田悠来青木玄徳、監督の増田哲英が登壇した。

「Mr.マックスマン」は、ひょんなことから超人的なパワーを手にしたテレビ局アナウンサー・谷口正義(千葉雄大)が、正義のヒーローとして立ち上がるさまを描く特撮ヒーローアクション。なだぎはアメコミマニアの喫茶店マスターを演じている。

イベント冒頭の挨拶でいきなり「どうも斎藤工でございます!」と自己紹介したなだぎ。周りから「違いますよ!」とツッコまれても「今日は私のためにお越しいただき、皆さんありがとうございます! 私のうちわも作っていただいて!」と、お構いなしにボケを貫き会場の笑いを誘う。また自身の役どころを語る場面でも「今回はC-3PO役で出演したわけですけど……。あれ、スター・ウォーズ最新作じゃなかったんですか?」と、とぼけてみせた。

劇中で主人公が透視能力を手に入れることにちなみ、「もし透視能力があったら何を見たいか?」と司会から尋ねられたなだぎは「同期の千原ジュニアの嫁の顔を見てみたいですね(笑)」と返答。「急に結婚したからびっくりしましたよ。普通にテレビで知って。あいつだけは結婚せえへんと思ってたから。同期で取り残されたのは私とバッファロー吾郎のA先生だけ」と苦笑いを浮かべていた。

お笑いナタリーをフォロー