お笑いナタリー - お笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信

北野武監督がジジイ俳優たち気にかける、総勢11名で舞台挨拶

84

本日4月14日、映画「龍三と七人の子分たち」の舞台挨拶が東京・イイノホールにて行われ、北野武監督とメインキャストの藤竜也ら総勢11名が登壇した。

この作品でメインキャストを務める俳優の平均年齢は現在73歳で、舞台挨拶は年齢の話題で盛り上がりを見せる。中尾彬は久々に再会したというキャストを見て「養老院に帰ってきたみたい」と笑い、撮影の合間は年金や最近亡くなった知り合いの話で持ちきりだったことを明かした。

北野監督も撮影を振り返り、この作品の謳い文句にある“ジジイ”の俳優たちを何かと気にかけていた様子。「『用意スタート』の声が聞こえない人がいたり、カンペの文字を目で追う様子が丸わかりの人がいたり、衣装を着たまま帰っちゃう人がいたり、なぜだか衣装さんを口説きだすおじいちゃんもいたり」といったエピソードを披露して会場の笑いを誘う。さらに北野はブラックジョークを交えながら「今日のイベントを黙祷から始めたくなかった。次は続編の『龍三と七人の幽霊たち』を作ります!」と宣言した。

「龍三と七人の子分たち」は今月4月25日(土)に全国公開される。

お笑いナタリーをフォロー