「誰が興味あんねんツイート大賞2013」こかじろうが連覇

121

昨日1月11日、大阪・大阪放送芸術学院ドリームホールにて、ザ・プラン9・ヤナギブソン主催のライブ「誰が興味あんねんツイート大賞2013」が行われた。

「誰が興味あんねんツイート大賞2013」優勝のシンクタンク・こかじろう。

「誰が興味あんねんツイート大賞2013」優勝のシンクタンク・こかじろう。

大きなサイズで見る(全6件)

イベント名と裏腹にお笑いファンが注目の同ライブ。今回で3回目となるが、初の完売、立ち見まで出る大盛況ぶりだった。オープニングでヤナギブソンは、趣旨説明もそこそこに、さっそくゲストで立会人の麒麟を呼び込むことに。「楽しみすぎてリハーサルも見ない」という2人はリラックスムードで、ヤナギブソンの「今回はランキング減らして各部門賞を強化した」という発言に期待を膨らませていた。

まずは、2013年度「誰も興味ないツイート」を発表。各部門賞の名前は「ヤナギブソンが読んだときに思わずツッコんでしまったフレーズ」が付けられており、ソラシド水口の「順調」というつぶやきには「嘘つけ!賞」、新喜劇・安尾信乃助の「お墓におる蚊っていつもよりかゆい。」というつぶやきには「そんなことない賞」が贈られた。

恒例の「ギブソン呼びかけツイート」コーナーでは、「誰と遊んでんねん賞」にノミネートされたヘッドライト和田の「六角モルモットのテキサスのいけにえとお化け屋敷行った」というツイートにちなみ、「珍名若手芸人大集合!」と題し、変わった名前で活動する若手芸人を、ライブ中に急遽募集することになった。

今回から新たに加わった賞もいくつかある中、「芸人たる者、こういうツイートしなければ!」というつぶやきをした人に贈られる「こーゆーのやで賞」を、なんと麒麟・川島が受賞。初の受賞に照れたのか「笑いたければ笑え!」と絶叫したが、添えられた画像は見事な構図のオクラの写真だった。さらに、川島はマライア・キャリーを歌うネゴシックス画像を添えたツイートで「お前のクリスマスでもあるんやで賞」も連続受賞。そのほか、大物評論家の庶民派ツイートや、イベント発起のきっかけともなった青空・岡のツイートも紹介された。

そして、「ギブソン呼びかけツイート」を見て集まった若手芸人たちがここで登場。ゆりやんレトリィバァ、ガオーちゃん、中山女子短期大学など、ヤナギブソンも知る芸人たちに加えて、夜の毛布・圖子(ずし)、ポイズン反町、ディフェンスの要潤など、強者たちが勢揃いとなった。この中から「キングオブ珍名」に輝いたのは二神竜太郎。川島曰く「名前の中に神龍が居る」という選考理由に加え、まさかの本名ということが大きなポイントとなった。

その後、各部門賞の紹介に戻ると、ソラシド水口の「ほなまたねぇ、大阪jから!」、ソラシド本坊の「石膏 in My eyes 2013」、シンクタンク・こかじろう「今夜は家で食べるから」など、常連勢の圧倒的な畳みかけで会場は興奮状態に。続く10位から1位の発表では「興味ないツイート界のON」こと、こかじろうとぼんちきよしが登場。2人を交え昨年度の厳選10ツイートを振り返ったところ、3位にきよしの「里芋って一番煮えにくい」、2位にこかじろうの「発見!右より左の方が足臭い(≧∇≦)」がランクイン。ヤナギブソン以外のすべての人達が固唾を飲んで見守る中、接戦を制したのはこかじろうの「もぉ足をクロスにして寝ますわ(^^)」で、1位2位独占の貫録を見せつけた。

ヤナギブソンは「楽しくてしょうがない」と今回のイベントも手応え十分の様子。川島も「次は大阪城ホールで!」と期待を寄せた。次回2014年上半期の「誰が興味あんねんツイート」は誰が優勝するのか。ぜひお楽しみに。

この記事の画像(全6件)

関連記事

ヤナギブソンのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 ヤナギブソン / 麒麟 / シンクタンク / ソラシド / ヘッドライト の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。