音楽ナタリー Power Push - 吉澤嘉代子

日常の絶景 東京の絶景

吉澤嘉代子が2枚目のフルアルバム「東京絶景」を完成させた。これまで妄想全開のフィクショナルな楽曲で強い個性を発揮してきた彼女が今作で描いたのは、妄想の世界を飛び出した日常の風景。ここには新曲のみならずデビュー前の楽曲もいくつか収められている。表題曲「東京絶景」は彼女が音楽活動を始めて間もない頃から温めていた、19歳の吉澤嘉代子が見つめた日常の風景だ。 

今回の特集のために吉澤は数日間カメラを持ち歩き、アルバムの全12曲をイメージした写真を撮影。吉澤がかつて「東京絶景」を路上ライブで歌っていたという東京・下北沢をはじめ各地を散策しながら、彼女の目に映る「日常の絶景」をカメラに収めてもらった。

取材・文 / 臼杵成晃 撮影 / 塚原孝顕・吉澤嘉代子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
吉澤嘉代子「東京絶景」セルフライナーノーツ

2ndフルアルバム「東京絶景」について

妄想少女のドタバタ劇からひとまわり、今作では日々の暮らしを舞台に「日常の絶景」を切りとりました。 いつもの景色が、その人の瞳を透すからドラマチックに変わるとき。うつくしいだけではない絶景がふと姿をあらわします。

  • 東京・下北沢で「日常の絶景」を探す吉澤嘉代子。
  • 東京・下北沢で「日常の絶景」を探す吉澤嘉代子。
2ndフルアルバム「東京絶景」 / 2016年2月17日発売 / e-stretch RECORDS
初回限定盤 [CD+DVD] / 3500円 / CRCP-40446
通常盤 [CD] / 3000円 / CRCP-40447

1. movie

夢の中では、生者と死者の境が曖昧になります。「わたし」を映しだす眼差しはいつでも、懐かしい、美しい、優しい、愛しい。

1曲目「movie」のイメージ写真。(撮影:吉澤嘉代子)

魔女修行をお供してくれた(させていた)犬。

  • 東京・下北沢で「日常の絶景」を探す吉澤嘉代子。
  • 東京・下北沢で「日常の絶景」を探す吉澤嘉代子。
  • 東京・下北沢で「日常の絶景」を探す吉澤嘉代子。
  • 東京・下北沢で「日常の絶景」を探す吉澤嘉代子。

2. ひゅー

「ヒューヒュー」と、誰かに恋を冷やかされたことはありますか。こちらは自分の心臓に囃したてられる奇妙な歌です。 夜に聴くと、ラーメン食べたくなっちゃうかも。

2曲目「ひゅー」のイメージ写真。(撮影:吉澤嘉代子)

事務所の近くにあるラーメン屋さんが好き。

3. 胃

これまで書いた中で、いちばん短い曲名とおもいます。最後のフェイクが「い」で終わったのは偶然です。 歌は少しずつ変わってゆくものですが、胃の歌唱はいまいちばんあたらしい、いちばんしっくりくるわたしの声です。

3曲目「胃」のイメージ写真。(撮影:吉澤嘉代子)

藤田嗣治の猫! 借りてきた猫。

  • 東京・下北沢で「日常の絶景」を探す吉澤嘉代子。
  • 東京・下北沢で「日常の絶景」を探す吉澤嘉代子。
  • 東京・下北沢で「日常の絶景」を探す吉澤嘉代子。

4. ガリ

お鮨だいすき! ガリもだいすき! 怪物コーラスによって、夢の国っぽくなり満足です。 お喋りな鳥やドジな熊と一緒に、ショートパンツに赤チェックのシャツをインして歌う自分が見える……。

4曲目「ガリ」のイメージ写真。(撮影:吉澤嘉代子)

ユキカちゃんと下北沢のオオゼキで
炙りサーモン握り買ったなあ~おいしかったな~。

5. ひょうひょう

「恥ずかしい」に続いて、人生のテーマソングかもしれません。泣いちゃう。どうしてもひょうひょうとできない日は逃げてもいいんじゃないかな。 逃げたさきの妄想で、別のとびらをあけたわたしは思います。

5曲目「ひょうひょう」のイメージ写真。(撮影:吉澤嘉代子)

19歳からずっとふたりで曲芸してきたきもち。

  • 東京・下北沢で「日常の絶景」を探す吉澤嘉代子。
  • 東京・下北沢で「日常の絶景」を探す吉澤嘉代子。
  • 東京・下北沢で「日常の絶景」を探す吉澤嘉代子。

6. ジャイアンみたい

曲を書くときはたいがいが曲名から決めるのですが、この曲も然り。恋人のまえで素直になれなかった女の子の歌です。

6曲目「ジャイアンみたい」のイメージ写真。(撮影:吉澤嘉代子)

ジャイアンみたいなわたし。