ヤバイTシャツ屋さん「とってもうれしいたけ」「Tank-top of the DVD II」 PR

ヤバイTシャツ屋さん|より自由にたくましく、独自路線で突き進むヤバTの新境地

ヤバイTシャツ屋さんが7thシングル「とってもうれしいたけ」と2ndライブDVD「Tank-top of the DVD II」を9月19日に同時リリースした。

今年も夏フェスにひっぱりだこのヤバTが今回リリースする「とってもうれしいたけ」は骨太なロックチューン「KOKYAKU満足度1位」をリード曲に据えたシングル。カップリングにはスーパーフードと呼ばれる果物、クプアスを女性に例えたレゲエチューン「君はクプアス」、バンドのキャラクター「タンクトップくん」のキャラクターソング「タンクトップくんのキャラソン」、岡崎体育による「KOKYAKU満足度1位」のリミックスが収録される。

今作の発売に際し、音楽ナタリーではヤバTの3人にインタビューを実施。こやまたくや(G, Vo)の左声帯嚢胞手術後初めて行われたツアー「ヤバイTシャツ屋さん “げんきいっぱい” TOUR 2018」を終えた心境や現在のバンド内の雰囲気、「とってもうれしいたけ」の制作について話を聞いた。また「とってもうれしいたけ」というシングルタイトルにちなんだ撮り下ろし写真も掲載する。

取材・文 / 清本千尋 撮影 / 草場雄介

今のヤバTは同棲2カ月目みたいな楽しさ

──6月に凱旋ツアー「ヤバイTシャツ屋さん “げんきいっぱい” TOUR 2018」が終わりましたね(参照:京都バリ最高!ヤバイTシャツ屋さん、こやま地元に錦を飾る)。とは言え大阪府北部地震の影響で延期になった大阪・高槻のSOUND HOUSE RASPBERRY公演は8月末の開催ですが。(※取材は8月上旬実施)

こやまたくや(G, Vo)

こやまたくや(G, Vo) 喉の手術をしてからツアーを回るのが初めてだったんですよ。喉に変な意識を取られんで済むから自由にやれて楽しかったです。このツアーを回ってみて、昔は高いところ登って歌ったり、寝転がってギターを弾いたり、むちゃくちゃなことをやっていたなと思い出して。喉が悪くなってからは喉のほうに意識がいってしまって、あんまりはちゃめちゃなことができなかったんです。喉がよくなってからは、自然とステージで暴れまわるようになったり、あとはライブが楽しすぎて歌詞を飛ばしたりも……今までなかったようなミスも増えてきました(笑)。難しいことを考えずにバーッとやっていたときの感覚を取り戻したと言うか。

しばたありぼぼ(B, Vo) あと、前までうちらはMCの内容を決め込んでいくことが多かったんですよ。でも最近はフリースタイルが主流になってきて。

こやま 僕が思い付いたことをそのままバーっとしゃべって、変なことを言ったら2人がツッコむみたいなフリースタイルでお送りしております。

もりもりもと(Dr, Cho) 僕は2人のフリースタイルにヒヤヒヤしてるけどな。

──以前は喉を気にしてしゃべる量を減らしつつも、ファンを飽きさせないMCをするために少しコント的だったと言うか。

こやま そうですね。今はもうその場のノリでやってます。

もりもりもと(Dr, Cho)

──自由にライブができるようになった理由はこやまさんの喉がよくなったこともそうですけど、演奏面で実力がついて余裕が出てきたのかもしれないですね。

こやま そうですね。今はとにかく楽しいんですよ。同棲2カ月目みたいな楽しさです。

もりもと 同棲2カ月目が一番楽しいってこと?

こやま いやわからんけど(笑)。実際はどうなんやろうなあ。2週間くらいまでなんかな。楽しいのって。

しばた 短すぎん? なんやねんそれ(笑)。

お互いに意見を出し合えるようになった

──こやまさんの調子がよくなってから、バンド内の空気は変わりましたか?

もりもと こやまさん、喉の調子が悪いときは余裕がない分いろんなことに敏感になっていて、僕に対してもすごく厳しく当たる時期だったんですよ。だからどうしてもいろいろ指摘をされるし、その指摘の内容に共感できなくてピリついた雰囲気になることもあって。最近はそういうのを1つ乗り越えてすごくやりやすくなりました。

──こやまさんの体調面を気にせず、なんでも発言しやすくなったみたいなところもあるんでしょうか?

しばたありぼぼ(B, Vo)

しばた そうですね。こやまさんは歌うよりしゃべるほうがしんどかったみたいで、普段の会話がどうしても少なくなってしまって。喉の手術をしてからは、喉が悪くなる前みたいに普段からたくさんしゃべるようになって、ライブ中に話すネタが増えたんですよね。それでMCのフリースタイルも定着して。あとバンドの演奏に関しても、今年に入ってからけっこうみんなで話し合うようになったんですよ。お互いに意見を出し合えるようになったので、それがバンドにとってプラスになっているのかなと思います。

──逆に言うと、こやまさんの喉が不調だったときのバンドの雰囲気はどうだったんですか?

しばた 今思い返すとバンド内の空気はちょっと暗かったかもしれません。めちゃくちゃダークなわけでもないんですけど。

もりもと ギクシャクしてたわけでもないしね。

こやま 暗かったかはわからないけど、前より今のほうが明るくなったのは確かですね。ライブの本番中にメンバーみんなのニコニコが増えてよかったです。僕はヤバTやっててずっと楽しいんですけど、今はより楽しめていると言うか。やっぱり歌が気持ちよく歌えるのはいいですよね。

「やりたいことをやってます」と胸を張って言える

──バンドの明るいムードが新作の「とってもうれしいたけ」というタイトルにも表れていますよね。

こやま そうですね。前のシングルタイトルの「げんきいっぱい」も口癖だったんですけど、「とってもうれしいたけ」も僕の口癖から来てるんです。今回のシングルのタイトルを考えているときにしばたが「こやまさん、最近よく『うれしいたけ』って言ってるやん」って声かけてきて。それで「とっても」を付けて「とってもうれしいたけ」になりました。

──今回のリード曲「KOKYAKU満足度1位」はゴリゴリの骨太ロックチューンです。

こやま はい。「鬼POP」(「鬼POP激キャッチー最強ハイパーウルトラミュージック」)や「ハッピーウェディング前ソング」がわりとポップだったので、このタイミングでは絶対にロックでゴリゴリな曲をリード曲にしようと思っていました。

──ヤバTの曲でタイトルと内容がリンクしてないのは珍しいですね。

こやま これは曲全体の感想として「KOKYAKU満足度1位」だろうなと思ってタイトルにしたんですよ。お客さんと一緒に楽しめる曲というところにかなり重きを置いた曲で、「おい! Oi!」「いえーいえー」「うぉーうぉー」と一緒に歌える箇所がたくさんあります。エネルギーがあふれる曲になったと思いますね。だからこれで満足してくれよと。わてらがあんたらを満足させたいんやでという思いを込めています。

しばた めちゃくちゃなにわ魂出してくるやん。

こやま なにわ魂炸裂な1曲です。京都出身やけどな。

──勢いが感じられる歌詞ですけど、裏に深い意味がありそうだなと思いました。実際はどうなんですか?

ヤバイTシャツ屋さん

しばた あー、ハマってしまいましたね……。

こやま 深い意味があるのかないのかを楽しんでもらう曲です。深読みもできるし、浅読みもできる歌詞なので深読みしたい人は深読みしてください(笑)。

──なるほど。

こやま これだけは言っておきたいんですけど、「お客さんのことを思って作った曲ってアーティストがホンマにやりたいことできてないんじゃないの? ダサくない?」みたいな風潮が最近あるじゃないですか。そんな中で僕らはこういう曲を出すわけですけど、今やりたいことをやったらこうなったんです。「僕らはやりたいことをやってますんで」って胸を張って言えるんで、大丈夫です。

ヤバイTシャツ屋さん「とってもうれしいたけ」
2018年9月19日発売 / UNIVERSAL SIGMA / BADASS
ヤバイTシャツ屋さん「とってもうれしいたけ」初回限定盤

初回限定盤 [CD+DVD]
1620円 / UMCK-9949

Amazon.co.jp

ヤバイTシャツ屋さん「とってもうれしいたけ」通常盤

通常盤 [CD]
1188円 / UMCK-5657

Amazon.co.jp

CD収録曲
  1. KOKYAKU満足度1位
  2. 君はクプアス
  3. タンクトップくんのキャラソン
  4. KOKYAKU満足度1位(岡崎体育 remix)
初回限定盤DVD収録内容
  • ヤバイTシャツ屋さんのうれしいたけツアー
ヤバイTシャツ屋さん
「Tank-top of the DVD II」
2018年9月19日発売 / UNIVERSAL SIGMA / BADASS
ヤバイTシャツ屋さん「Tank-top of the DVD II」

[DVD]
3600円 / UMBK-1264

Amazon.co.jp

収録内容
  • オープニングドキュメンタリー「破れ、心のタンクトップ」
  • Tank-top in your heart
  • DANCE ON TANSU
  • Universal Serial Bus
  • ウェイウェイ大学生
  • あつまれ!パーティーピーポー
  • MC(1)
  • L・O・V・E タオル
  • 気をつけなはれや
  • メロコアバンドのアルバムの3曲目ぐらいによく収録されている感じの曲
  • ZIKKA
  • MC(2)
  • 眠いオブザイヤー受賞
  • ベストジーニスト賞
  • 天王寺経由してなんば
  • スプラッピ スプラッパ
  • MC(3)
  • 喜志駅周辺なんもない(bossa nova ver.)
  • ドローン買ったのに
  • MC(4)
  • 鬼POP激キャッチー最強ハイパーウルトラミュージック
  • とりあえず噛む
  • Tank-top of the world
  • MC(5)
  • サークルバンドに光を
  • ネコ飼いたい
  • 無線LANばり便利
  • ヤバみ

<アンコール>

  • 肩 have a good day -2018 ver.-
  • 喜志駅周辺なんもない
  • ハッピーウェディング前ソング

おもしろ特典映像(初回限定盤のみ)

  • おもしろ全国ツアーのおもしろメンバーのおもしろ様子
ツアー情報
ヤバイTシャツ屋さん “とってもうれしいたけ” TOUR 2018
  • 2018年10月5日(金) 山口県 周南RISING HALL
  • 2018年10月6日(土) 長崎県 DRUM Be-7
  • 2018年10月10日(水) 大分県 DRUM Be-0
  • 2018年10月11日(木) 愛媛県 WStudioRED
  • 2018年10月17日(水) 茨城県 mito LIGHT HOUSE
  • 2018年10月20日(土) 秋田県 Club SWINDLE
  • 2018年10月21日(日) 青森県 青森Quarter
  • 2018年10月26日(金) 沖縄県 桜坂セントラル
  • 2018年11月3日(土・祝) 北海道 帯広MEGA STONE
  • 2018年11月4日(日) 北海道 CASINO DRIVE
  • 2018年11月7日(水) 富山県 MAIRO
  • 2018年11月9日(金) 京都府 KBSホール
  • 2018年11月12日(月) 三重県 CLUB ROOTS
  • 2018年11月13日(火) 静岡県 LIVE ROXY Shizuoka
  • 2018年11月15日(木) 神奈川県 CLUB CITTA'
ヤバイTシャツ屋さん TOUR 2019(仮)
  • 2019年1月27日(日) 北海道 Zepp Sapporo
  • 2019年2月1日(金) 大阪府 Zepp Osaka Bayside
  • 2019年2月2日(土) 大阪府 Zepp Osaka Bayside
  • 2019年2月10日(日) 宮城県 チームスマイル・仙台PIT
  • 2019年2月16日(土) 福岡県 Zepp Fukuoka
  • 2019年2月17日(日) 愛知県 Zepp Nagoya
  • 2019年2月22日(金) 東京都 Zepp Tokyo
  • 2019年2月23日(土) 東京都 Zepp Tokyo
  • 2019年3月9日(土) 香川県 高松festhalle
  • 2019年3月10日(日) 高知県 CARAVAN SARY
  • 2019年3月12日(火) 岡山県 YEBISU YA PRO
  • 2019年3月13日(水) 鳥取県 米子 AZTiC laughs
  • 2019年3月19日(火) 兵庫県 MUSIC ZOO KOBE 太陽と虎
  • 2019年3月21日(木・祝) 広島県 BLUE LIVE HIROSHIMA
  • 2019年3月23日(土) 鹿児島県 CAPARVO HALL
  • 2019年3月24日(日) 熊本県 熊本B.9 V1
  • 2019年4月7日(日) 岩手県 Club Change WAVE
  • 2019年4月8日(月) 福島県 HIPSHOT JAPAN
  • 2019年4月10日(水) 栃木県 HEAVEN'S ROCK Utsunomiya VJ-2
  • 2019年4月11日(木) 群馬県 高崎clubFLEEZ
  • 2019年4月13日(土) 長野県 NAGANO CLUB JUNK BOX
  • 2019年4月15日(月) 新潟県 NIIGATA LOTS
  • 2019年4月16日(火) 石川県 金沢EIGHT HALL
ヤバイTシャツ屋さん(ヤバイティーシャツヤサン)
ヤバイTシャツ屋さん
こやまたくや(G, Vo)、しばたありぼぼ(B, Vo)、もりもりもと(Dr, Cho)からなる男女ツインボーカルのスリーピースバンド。2013年10月に大阪芸術大学に通っていた3人により結成された。2015年に本格的に活動を開始し、「SUMMER SONIC 2015」の企画「出れんの!?サマソニ!?2015」では投票数が963組中2位という結果により出演権を獲得。ダイノジ大谷ノブ彦賞を受賞した。王道のメロコアサウンドと秀逸なリリックがロックファンのハートをつかみ、11月にフルアルバム「We love Tank-top」でユニバーサルミュージック内のレーベルUNIVERSAL SIGMAよりメジャーデビュー。2017年4月にニューシングル「どうぶつえんツアー」を発表し、5月にはワンマンツアー「“どうぶつえんツアー”ツアー 2017 ~ワンマン~」を開催。東京・新木場STUDIO COASTで行われた追加公演を含め、全公演のチケットをソールドアウトさせた。春から夏にかけては16の音楽フェスに出場。9月にはロッテ「キシリトールガム」の発売20周年記念プロジェクトのために書き下ろした楽曲「とりあえず噛む」などを収録したシングル「パイナップルせんぱい」と、新木場STUDIO COAST公演の模様を収めた初の映像作品「Tank-top of the DVD」を同時リリースし、シングルはオリコン週間シングルランキング2位、DVDはオリコン週間DVDランキング3位を獲得。2018年1月に発表した2ndフルアルバム「Galaxy of the Tank-top」はiTunes週間アルバムランキングで1位に輝いた。対バンを迎えたツアーを2カ月かけて行ったのち、追加公演として3月に東名阪のZeppでワンマンライブを実施。5月には「学校法人 日本教育財団 モード学園(東京・大阪・名古屋)2018年度TVCM」のタイアップソングとして書き下ろした「鬼POP激キャッチー最強ハイパーウルトラミュージック」を収録したシングル「げんきいっぱい」をリリース。6月にはメンバーの地元を回る凱旋ツアー「ヤバイTシャツ屋さん “げんきいっぱい” TOUR 2018」を行った。