ナタリー PowerPush - Bamboo Fun × ももいろクローバーZ クリスマス大作戦だZ!!

ももクロサンタがやってきた!!

もうすぐクリスマス! ももクロの5人は楽しいクリスマスを過ごすために、パソコンとワコムの「Bamboo Fun(バンブーファン)」を使って、クリスマスカード作りに挑戦。また、メンバーの中で最も画力の高い玉井詩織には、ワコムのWEBサイトで展開されているお絵かきコンテンツ「絵motion」にチャレンジしてもらった。

 
mixiチェック

5人がこの特集で使用しているのは、パソコンでのお絵描きに便利なツール「Bamboo」。マウスのようにパソコンを操作するアイテムだが、ペン型インターフェイスなのでお絵描きには最適だ。今回はイラスト、写真加工、動画編集までもが楽しめる5つのソフト付きモデル「Bamboo Fun」でチャレンジしてもらった。

【お題1】トナカイを描くんだZ!

手始めにトナカイのイラストにチャレンジ。しおりんトナカイを参考にして思い思いにペンを走らせる5人。その画力はいかに?

クリックで拡大

クリックで拡大

有安杏果

レギュラー番組「ももクロChan」の人気企画「画伯は誰だ?」では、独創的すぎるイラストで“画伯”(番組内では最も絵が描けない人を指す称号)の殿堂入りを果たしたももかが最初の挑戦者。参考にフリー素材のイラストをいくつか見せると「これ、見本見ながら描いていいんですよね?」「番組ではお題が難しかっただけです。わかんないですもんスフィンクスなんて!」「トナカイなら大丈夫! これガチで描いてもいいんですよね?」と自信満々だ。

Bamboo Funの付属アプリケーションの機能をいろいろ試すうちに、水彩画タッチの色付けをマスターし「これ楽しいー! トナカイ以外の絵も描きたくなってきた」とやる気を見せるももか画伯。とりあえず今は目の前のトナカイを仕上げてください!

クリックで拡大

クリックで拡大

百田夏菜子

メンバー唯一のサウスポー、百田夏菜子。Bamboo Funを左手用に設定して、いざ挑戦。ももかと並ぶ“画伯”として知られる彼女だけに、周囲のスタッフからは不安の表情が……。

周囲の心配をよそに、ドヤ顔スマイルでトナカイを描き上げていくかなこ。ツッコミどころは多々あるものの、それらしいイラストに仕上がるのは「Bamboo Fun」のおかげか。全員トナカイを描き終える頃には基本の使い方をマスターしていた。「これ……もらえないんですかね?」

クリックで拡大

クリックで拡大

佐々木彩夏

サンタの存在については「ママの前では信じてることにしてた(笑)」というあーりん。しかし去年はサンタからのプレゼントがなかったそうで「あんなに『ももクリ(2010年12月24日に開催された初のホールワンマンライブ)』がんばったのに!」とがっかり。
ポップな色使いで、メルヘンチックなサンタ姿のトナカイを描き上げたあーりん。……が、何かが足りない。最後の最後にようやく「なんか犬っぽい……あ、ツノが足りなーい!」とトナカイをトナカイたらしめる重要な要素に気付いてギリギリセーフ。

クリックで拡大

クリックで拡大

高城れに

一切の迷いを感じさせないペンさばきで、スラスラとトナカイを描き上げていくれに。絶妙なバランス感と強いキャラクター性を持つイラストに、周囲のスタッフからも思わず「おお」と感嘆の声が。

紫のペンでサインを書き入れ、れにトナカイの完成。終始真剣な表情で自分の世界に没頭していた彼女も、最後はニッコリ。

クリックで拡大

クリックで拡大

玉井詩織

ももクロの画力No.1、しおりんは特別にトナカイの着ぐるみで登場。しおりんには後半のコーナーでもトナカイのイラストを描いてもらっているため、ここでは作風の異なる「リアルトナカイ」で攻めてもらった。

ソフトの中のパレットでトナカイの微妙な色合いを作り上げ、着彩するしおりんトナカイ。さらにはBamboo Funの筆圧感知機能(ペンへの力の入れ方で筆の太さや細さ、色の濃淡が表現できる機能)を駆使して、リアルトナカイを描き上げた。

ワコム ペン&タッチタブレット「Bamboo Fun」

お絵描きや写真加工、動画編集などが幅広く楽しめるソフト付きモデル

価格:
Small / 12980円(税込)
Medium / 19980円(税込)
カラー:
Small / ブラック、ホワイト、ピンク
Medium / ブラック、ホワイト
ももいろクローバーZ(ももいろくろーばーぜっと)

ももいろクローバーZ

スターダストプロモーションの次世代新人プロジェクト「ももいろクローバー」として2008年に結成。数回のメンバーチェンジを経て、高城れに、百田夏菜子、早見あかり、玉井詩織、佐々木彩夏、有安杏果の6人構成となった。
「週末ヒロイン」「いま、会えるアイドル」というキャッチフレーズのもと全国津々浦々でライブ活動を行い、2009年7月には1stシングル「ももいろパンチ」をリリース。翌2010年5月にはシングル「行くぜっ!怪盗少女」でメジャーデビューを果たした。
その後スターチャイルドレーベルに移籍し、2010年11月にシングル「ピンキージョーンズ」、2011年3月9日に最新シングル「ミライボウル」を発表した。そして早見あかりが2011年4月10日に行われた中野サンプラザ公演を最後にグループを脱退。このコンサート終了直後に突然「ももいろクローバーZ」へ改名した。
7月6日にはももいろクローバーZ改名後初のシングル「Z伝説 ~終わりなき革命~」「D'の純情」を2枚同時にリリースし、7月27日には1stアルバム「バトル アンド ロマンス」を発表。11月23日にはメジャー通算6枚目となるニューシングル「労働讃歌」をリリースした。