音楽ナタリー Power Push - UKFC on the Road 2015

UK.PROJECTの夏の祭典を徹底解剖!BIGMAMA金井政人が語る「UKFC」に足を運ぶべき理由

UK.PROJECTの夏の一大イベント「UKFC on the Road」が8月18、19日に東京・新木場STUDIO COASTにて開催される。このイベントは2011年にBIGMAMA、[Alexandros]、POLYSICS、THE NOVEMBERS、the telephonesの5組がツアー形式で始動させたもの。彼らを中心にUK.PROJECTにゆかりのある面々を巻き込みながら開催されてきた「UKFC on the Road」は今年で5回目を迎える。

「交流と発展」がテーマの「UKFC on the Road 2015」には総勢25組が出演。BIGMAMA、[Alexandros]、POLYSICS、the telephones、TOTALFATといった「UKFC」常連組はもちろんのこと、レーベルや所属事務所の垣根を越えた、歴戦のバンドたちも多数ラインナップされた。さらにはUK.PROJECTに仲間入りしたばかりのニューカマーたちもそろい踏みだ。そんな今年の「UKFC」の魅力を紐解くべく、音楽ナタリーではBIGMAMAのフロントマン金井政人にインタビューを実施。「UKFC」に足を運ぶべき理由を、過去の事例を振り返りながら解説してもらった。

取材・文 / 清本千尋 撮影 / 上山陽介 撮影協力 / 新木場STUDIO COAST

 
mixiチェック

 BIGMAMA金井政人インタビュー

UK.PROJECTのバンドはDNAでつながってる

──「UKFC on the Road」の初回はツアー形式だったんですね。どういうきっかけで始まったイベントだったんでしょうか?

2011年 ライブレポート
UKプロジェクト所属5バンド、福岡で「Let's ダバダバ」

金井政人

「UKFC on the Road」は[Alexandros]、POLYSICS、THE NOVEMBERS、the telephones、BIGMAMAというUK.PROJECTに所属するバンドたちで、フェスがないところに僕らなりのフェスを持っていこうというコンセプトで始まりました。

──フェスがないところというのは?

例えば宮城には「ARABAKI ROCK FEST.」というデッカいフェスが春にあるけど、夏にはフェスがない。新潟、福岡もこの頃は大きなフェスイベントがなかったので、この3カ所を回りました。で、3本同じメンツでライブをやってみて、UK.PROJECTのアーティストはそれぞれ全然違う音を鳴らしているけど、DNAでつながってる感じがしたんですよね。

──どういうところでそう感じたんですか?

人を惹き付けるライブができるというところと、誰の真似もしていないというところですね。そういう点でこの5バンドは共鳴しあっていると思ったんです。

──5バンドでイベントについて話し合う機会はありましたか?

同じ時期に同じバンドで回っていたから2011、2012年は正直記憶が曖昧なんですよね。でも基本的にはお互いのライブを観た感想やそれぞれの曲についての話題が楽屋で飛び交っていたような気がします。この年は1つ目的を成し遂げたというと言い過ぎかもしれないけど、きちんとイベントを立ち上げられたという達成感は各々にあったと思います。

対バンライブからフェスへ

──2012年は前年の倍となる6カ所を同じメンバーで回ります。東京・新木場STUDIO COAST公演では5バンドに加えて、ゆかりのあるアーティストたちも登場しました。

2012年 ライブレポート
UKFC福岡ファイナル「Love & DISCO」で5バンド共演

金井政人

この5バンドだからこそ作り上げられる雰囲気を全国6カ所に持ち込んだことで、ほかのフェスとは違う魅力が「UKFC」にはあることをしっかりと表現できた年だったんじゃないかなと思います。新木場STUDIO COASTでは初めて2ステージ制でイベントをやったんですけど、ステージ名は僕たちが出した候補の中から決まったんですよ。で、([Alexandros]の川上)洋平くんの案が採用されて、彼には社長から金一封が贈られたという(笑)。

──そんなことがあったんですね(笑)。

あと「フェスを持ち込む」というテーマを掲げつつも、1年目は対バンライブの様式だった「UKFC」が新木場STUDIO COASTで2ステージ制を取り入れたことでちゃんとフェスの形になったと思います。

──そして翌年はそのフェススタイルの色を濃くして、新木場STUDIO COASTで3DAYS開催になりますね。

2013年 ライブレポート
「UKFC」ファイナルで個性派バンド10組が夢の競演

この年の「UKFC」は僕らとUK.PROJECTにゆかりのあるアーティストで作り上げた3日間でした。UK.PROJECT内のレーベルからのリリース歴があって、今はよそのレーベルに所属しているアーティストたちが出てくれて、いい刺激をもらいました。

金井政人

──あとTOTALFATがUK.PROJECTに事務所を移籍して(参照:TOTALFATが7曲入り新作、ライブDVD、レコ発ツアー発表)、この年から仲間になりましたね。

そしてそのTOTALFATがじゃんけんで勝って、翌年2014年の大トリを務めるという(笑)。なんかストーリーがありますよね。

──じゃんけんでトリを決めるのは「UKFC」ぐらいだと思います。

トリを務められる実力があるバンドが揃ってますから。

「UKFC on the Road 2015」公演概要

2015年8月18日(火)

東京都 新木場STUDIO COAST
OPEN 13:00 / START 14:00

FRONTIER STAGE

[Alexandros] / Marmozets(from UK.) / MO'SOME TONEBENDER / ストレイテナー / TOTALFAT / THE NOVEMBERS

FUTURE STAGE

asobius / Cettia / DATS / LOST IN TIME / PELICAN FANCLUB

RIGHTTZA TENT

DJ:Getting Better / 木下理樹(ART-SCHOOL、killingBoy)

2015年8月19日(水)

東京都 新木場STUDIO COAST
OPEN 13:00 / START 14:00

FRONTIER STAGE

BIGMAMA / downy / キュウソネコカミ / ORANGE RANGE / POLYSICS / the telephones

FUTURE STAGE

Helsinki Lambda Club / 武藤昭平 with ウエノコウジ / odol / polly / SPiCYSOL / ウソツキ

RIGHTTZA TENT

DJ:Getting Better / 木下理樹(ART-SCHOOL、killingBoy)

料金:前売4800円(ドリンク代別)

チケットは各プレイガイドにて販売中
  • イープラス
  • チケットぴあ
  • ローソンチケット
BIGMAMA(ビッグママ)
BIGMAMA

金井政人(Vo, G)、リアド偉武(Dr)、柿沼広也(G, Vo)、安井英人(B)、東出真緒(Violin)からなる5人組バンド。2002年に東京・八王子で結成され、メンバーチェンジを経て現在の編成に。2006年7月にミニアルバム「short films」をUKプロジェクト傘下のレーベル・RX-RECORDSから発表し、2010年10月には“ロック×クラシック”をテーマにしたコンセプトアルバム「Roclassick」を発売した。その後も彼らはコンスタントにリリースやライブツアーを重ね、2015年2月に6枚目のオリジナルアルバム「The Vanishing Bride」を発表。同年4月から10月にかけてワンマンツアー「The Vanishing Bride Tour 2015 ~消えた花嫁を探せ!~」を行っている。