TrySail「azure」 PR

TrySail|進化していく3人の表現

3人の歌声の調和

──「azure」に話を戻すと、この曲をどのように解釈して歌われました?

夏川 この曲を初めて聴いたとき、懐かしさも感じたんですけど、何よりも透明感がある曲だなと思ったんですよね。しかも、その中にちゃんと伝えたい言葉があるなと。なのでクリアな歌声を意識しつつ、意思の強さを感じる箇所……個人的にはサビの「どうか君は 変わらずに」というフレーズに一番意思を感じたんですけど、そこは特に気持ちを込めてドラマチックになるように歌いました。

雨宮 「azure」の歌詞は具体的な出来事を描いているというよりは、「出会い」「さよなら」といった誰しもが経験したことがあるようなこと、もしくは気持ちを丁寧に言葉にしているんですよね。

夏川 そうそう。だからこそ聴いてくださる方によっても、聴くときの状況によっても捉え方が変わる曲だと思うんですけど、私は自分なりの解釈で歌いました。

麻倉 最初にナンちゃんが歌ってくれたテイクを受けて、私が2番目にレコーディングしたんですけど、ナンちゃんがしっかりと世界観を作ってくれたので「あ、こういうことがやりたいんだな」ってすぐに伝わってきましたね。それで、ディレクターさんたちと話し合って「あまり声を張らずに歌ってみましょう」と。私にしてはちょっと大人っぽく、Aメロのあたりはもうボソボソ声というレベルで抑えて。でも、その中でも一本調子にならないように考えながら歌いましたね。

──それが先ほどの「プランを組み立てる」ということですね。

麻倉 はい。あとナンちゃんがさっき「どうか君は 変わらずに」というフレーズを挙げてくれましたけど、ほかにも「忘れない 決して忘れない」とか、1つひとつのワードに強いメッセージが込められているんですよね。だからこそ感情も乗せやすかったです。

──「azure」は麻倉さんがおっしゃった通り声を張るのではなく、ささやくような歌声がとても印象的だったのですが、そのレールを敷いたのは最初にレコーディングした夏川さんということになる?

TrySail「azure」通常盤ジャケット

夏川 そう、なるのかな……? 私のレコーディングのときは「まず夏川さんの考えてきた歌い方でやってみてください」みたいな感じだったんです。その結果、私とディレクターさんのイメージにそんなに大きな差異はなかったみたいで、基本的にはその方向のまま歌わせてもらいました。

雨宮 私は、ナンちゃんともちの流れから「息多めで、優しく歌ってください」というディレクションをいただいたんですけど、いざ歌ってみてサビに差しかかると「サビはもっと強いほうが、最終的に3人のバランスがいいね」と。なので結果的に、A、Bメロとサビでかなりメリハリを付けるような形になりましたね。私の計画ではそんなに必死さを出すつもりはなかったんですけど「もっと必死で大丈夫です」と言ってくださったので、サビはかなり熱を入れて歌いました。

麻倉 そうだったんだ。私は逆に「もっと抑えましょう」という方向になって、引き算の考えがけっこう大変でしたね。声を張ったほうが歌いやすかったりするので。でも、そのおかげでナンちゃんが言うところの新しい引き出しができたかもしれません。

夏川 私はささやくように歌うほうが自分の声質的にも合ってるんじゃないかと自分でも思うので、ある意味どっしりと構えて歌えました。細かいところも意識して歌える曲でしたね。

──皆さんバラバラですね。でも、それができあがった曲の中できちんと調和している。

雨宮 そう聴こえているなら、とてもうれしいです。

麻倉夏川 うんうん。

ハッピーなウインターソングに共感できる?

──カップリングの「Make Me Happy?」はモータウンビートに乗せた、ハッピーなウインターソングです。

雨宮 ちょっと浮かれた感じの曲ですね。TrySailでここまで季節に沿った歌は初めてかもしれないです。

麻倉夏川 そうだね。

雨宮 今までも「なんとなくこの曲はこの季節っぽいよね」みたいな曲はあったけど、こんなにもクリスマス感のある音や、「コート」「マフラー」というワードが歌詞に出てくる“ザ・冬ソング”はなかったので。「ついに季節の曲をやるんだ!」みたいな感じでしたね(笑)。

麻倉 「Make Me Happy?」はクリスマスを感じさせるようなかわいい音がたくさん入っていて。私自身もクリスマスソング特有のベルが鳴っているような音が好きなので、単純に「わーい!」って思いました(笑)。

夏川 聴いているとホントに幸せになっていくと言うか、この曲が私を幸せにしてくれるような気がしてきます。サビもすごくキャッチーでつい口ずさんじゃうし、それこそクリスマスの時期に商店街で流れ出す「ジングル・ベル」並みに耳に残るんじゃないかなって。なので、この「Make Me Happy?」がTrySailの曲としてだけじゃなくて、クリスマスソングの1つとして皆さんの心に残ればいいなと思います。

──こちらの歌詞は日常的で、等身大の20代女性の目線で書かれていますよね。

雨宮 確かに20代女性って感じだね。

夏川 どっちかと言うと20代前半だね。

麻倉 うんうん。

──皆さん共感しました?

雨宮 私は、全然できません(笑)。タイトルの「Make Me Happy?」からもう共感できない。私は、幸せは己の力で掴み取る派なので(笑)。

麻倉 あはは(笑)。

雨宮 もはや自分とは違う人間として見てますね。たぶん同じクラスにいたら友達にはならないタイプの子だと思うので。

夏川 散々な言いようだね(笑)。

雨宮 いや、否定はしてないの! そういう人が苦手なわけじゃなく、単純に私が共感できないというだけ(笑)。だから、頭の中で作り上げた架空の人物をイメージして歌いましたね。

──お二人はいかがですか?

麻倉 私の中では、歌詞の主人公の女の子は「もうすぐクリスマスだ」ってワクワクしながら街を歩いてるイメージなんです。そこに100%共感できるかというとちょっと違うんですけど、外は寒いんだけど心は温かいみたいな状況はわかるし、この女の子自体もすごくかわいいなと思うので、レコーディングも楽しかったですね。

夏川 こんなふうに、季節をポジティブに捉えることができる女の子になりたかったなって思います。

雨宮 暗い暗い(笑)。

夏川 いや、ホントにこの子のことを尊敬してるの。こんなに幸せな気持ちで、人が多そうな街中を歩けるなんて……私には絶対にできないことなので。だから一所懸命、純粋な女の子を演じるように歌いましたね。(小声で)「イルミネーション 灯るように 私も変われる気がしてる」……。

麻倉 えっ、ひとり言?(笑)

雨宮 ナンちゃん、今インタビュー中だから(笑)。

声優だからこそ歌える歌がある

──「共感できない」歌詞を歌うことに関して、難しさはないんですか?

雨宮 いつもだったら、私は共感できない歌詞だとしても普段やってる声優の仕事のように、役を演じるつもりでなりきって歌うことが多いんですけど、「Make Me Happy?」は昭和的なアイドル像を思わせるんですよ。まず1番Bメロに「すっかり冷めた coffee」という歌詞があるんですけど、これが「コーヒー」じゃなくて「coffee」の時点で昭和的なアイドルっぽさを感じました。そして2番のサビに「Magic」というワードが出てくるんですけど、最初に録ったナンちゃんは普通に歌ってたのに私は勝手に「メァジィック」って歌いましたね。

一同 ははは(笑)。

雨宮 そうやって「あの頃のアイドルが歌ったらこうなるんじゃないかな」って意識して歌ったのは、自分の中でも新しいアプローチでしたね。

麻倉 この曲の歌詞は情景が浮かびやすいんですよ。「コート」や「マフラー」以外にも、「ショーウィンドウの新作」とか「下ろし立てのソックス」みたいな具体的なフレーズも散りばめられていて。なので各シーンを想像しながら、ワクワクしている女の子を演じるように歌うという意味では特に難関はありませんでしたね。

夏川 さっきモータウンビートとおっしゃっていましたが、私このリズムがすごく好きなんですよ。だから幸せな女の子を演じつつ、このリズムに乗って歌うこと自体が幸せだなという気持ちも込めました。

──そうやって演じるように歌えるのは、声優ならではのスキルなんでしょうね。

雨宮 私はそれを目指してると言うか、そう信じたい人です。別に勝ち負けの問題ではないんですけど、単純な歌唱力では本業の歌手の方には敵わないかもしれない。でも、演じるという武器を磨いていけば、声優だからこそ歌える、表現できる歌があるんじゃないかなって。

麻倉 私は例えば本やマンガでも、いつも自分が主人公になりきって読んじゃうタイプなので、歌も同じだなって。だから主人公像を思い浮かべて、その人が歌っているように歌ったほうがやりやすいというのはあります。

夏川 私も、脳内で「こういう女の子がこういう町並みをこういう気持ちで歩いてる」というビジュアルをディテールまで作り込んで歌ったほうが感情を入れやすいので、1つの手段として使っていますね。

──夏川さんはソロで「パレイド」(2018年7月発売の3rdシングル)をリリースした際、「(『パレイド』は)歌詞の原型を自分で書いたぶん、気持ちも乗せやすかった」とおっしゃっていました。それとは表現の仕方が異なるわけですよね?

夏川 使う頭が違いますね。どちらかと言うと、脳内でビジュアルを作るほうはテクニカルなことを求められているじゃないですか。自分のイメージした女の子に乗り移るみたいな。だからときにはなかなかしっくりこないこともあるんですけど、「パレイド」みたいな曲は自分の内面との戦いと言うか(笑)。どこまで自分をさらけ出せるかにかかってくるので、さらに精神力を使うと思います。

TrySail「azure」
2018年11月14日発売 / SACRA MUSIC
TrySail「azure」初回限定盤

初回限定盤 [CD+DVD]
1836円 / VVCL-1328~9

Amazon.co.jp

TrySail「azure」通常盤

通常盤 [CD]
1296円 / VVCL-1330

Amazon.co.jp

TrySail「azure」期間生産限定盤

期間生産限定盤 [CD]
1404円 / VVCL-1331

Amazon.co.jp

初回限定盤、通常盤CD収録曲
  1. azure
  2. Make Me Happy?
  3. azure -Instrumental-
  4. Make Me Happy? -Instrumental-
期間生産限定盤CD収録曲
  1. azure
  2. Make Me Happy?
  3. azure -Short Ver.-
  4. azure -Instrumental-
  5. Make Me Happy? -Instrumental-
初回限定盤DVD収録内容
  • azure -Music Video-
TrySail(トライセイル)
ミュージックレインに所属する声優の麻倉もも、雨宮天、夏川椎菜からなる3人組ユニット。2014年12月にユニットの結成を発表し、2015年5月にデビューシングル「Youthful Dreamer」をリリースする。同月には初のワンマンライブを神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホールで開催した。その後も「Classroom☆Crisis」「暦物語」「ハイスクール・フリート」といったアニメのテーマソングを次々と担当。2016年に1stアルバム「Sail Canvas」を発表。同年11月より初のライブツアー「LAWSON presents TrySail First Live Tour “The Age of Discovery”」で全国8カ所を回る。2017年8月には2ndアルバム「TAILWIND」をリリースし、2018年2月より2ndツアー「LAWSON presents TrySail Second Live Tour "The Travels of TrySail"」を開催。3月にシングル「WANTED GIRL」、6月にシングル「Truth.」を発表した。11月に劇場版アニメ「続・終物語」エンディングテーマ「azure」を表題曲としたシングルをリリース。