音楽ナタリー Power Push - Swimy

過去の自分と“おひとりさま”を救うための歌

Swimyが6月29日にミニアルバム「おひとりさま」をリリースした。

今作は「1人」「孤独と愛」がテーマ。ソングライティングを手がけるTakumi(Vo, G)が、バンドでメジャーデビューした今、なぜ「1人」について歌うのか、単独インタビューを通して紐解いた。

また特集の後半ではリード曲「御一人様」のミュージックビデオ撮影のレポートも掲載。メンバー4人が1日がかりで撮影に臨んだ「御一人様」のMVの裏側を写真とテキストで紹介する。

取材・文 / 清本千尋 撮影 / 後藤壮太郎

Takumi(Vo, G)インタビュー

1人が怖くなかったら「おひとりさま」は作れなかった

──新しいミニアルバム「おひとりさま」の収録曲は書き下ろしの曲が多いと聞いています。

そうですね。6曲目の「dance」以外は「おひとりさま」を作るにあたって書き下ろした曲で、ここ1年以内にできた曲ばっかりです。

──なぜ今回「おひとりさま」というタイトルのミニアルバムを?

Takumi(Vo, G)

「1人」に焦点を当てたアルバムを作ろうというテーマが最初にあって、1人を連想させる言葉をアルバムタイトルにしたかったんです。1曲目の「御一人様」の制作中に、「おひとりさまです」っていう言葉とメロディが浮かんで、「おひとりさま」って言葉が、このアルバムをまとめるのにふさわしいと思ったんですよ。でもリード曲のタイトルがそのままアルバムタイトルになったと思われてしまうと、その曲ばかり注目されてしまうのではないか、6曲のテーマとして見られないのではないかなという不安があって。だからアルバムタイトルは「おひとりさま」、楽曲タイトルは「御一人様」にしたんです。「御一人様」がこのアルバムのキーの曲であることは間違いないですね。

──そもそもなぜ「1人」や「孤独と愛」をテーマに?

Swimyがインディーズ時代に出したミニアルバム「ラブルと宇宙」は何かテーマがあったわけではなくて、今まで自分たちが作ってきた曲を詰め込んだミニアルバムだったんです。今回のミニアルバムは自分たちで決めた1つのテーマに向かって作る初めての作品だったので、Swimyらしさを追求した作品にしたかったんですよね。Swimyが音楽を届ける理由をもう一度見つめ直したとき、僕はSwimyの音楽で誰かの1人の時間を豊かにしてあげたい、1人でいる時間を肯定してあげたいという思いで楽曲制作をしていたことを思い出して。

──Takumiさんにとって1人でいる時間はどういうものだったんでしょうか?

僕はあまり1人の時間が好きではなかったんです。1人でいるときに、僕を救ってくれたものがエンタテインメントで。だから僕みたいに1人の時間が苦手な人を救ってあげられるようなエンタテインメントを提供したいと思ってたんですよね。僕、メンバーにもよく言われるんですが、何も考えずに曲を書いたときに孤独を歌うことがすごく多くて。だから1人について歌うことは自分にとってすごく自然なことだったのかもしれない。そしたらやっぱり1人というテーマについて歌うのが、僕らしさ、Swimyらしさなんじゃないかなと理解して。

──自分を救ってくれたエンタメとはどういうものだったんですか?

音楽やテレビ、映画……いろいろです。僕は母子家庭で、母親が女手一つで息子2人を育ててくれたんです。そのために夜も働きに出ていて、僕は1人で夜を過ごすことが多くて。そのときになんだか世界に1人ぼっちになってる気がして寂しかったんですよね。でもテレビでアニメや映画を観ていれば、自分がその世界の中に入りこんだことを想像して、寂しい気持ちを忘れさせてくれた。そんなエンタテインメントでも自分を苦しめることがあったんですよ。夜中にやってるホラー映画のCMとか、本当に怖くて恐怖のどん底に突き落とされたり。だからSwimyもトゲの部分とでも言いますかね。楽しいだけではない部分も表現したいと思っていて、今作には恐怖を感じる部分も潜ませています。

──なるほど。

映画だって、ヒール役がいるとより面白いものになるじゃないですか。だから万人に受け入れられる曲だけをやっていても、1つの作品として面白さに欠けると僕は思っていて。今回はミュージックビデオを含め、拒絶反応を起こす人もいると思うんですよ。でもそういう感情を味わえるほうが、1つの作品として印象に残るんじゃないかなと思っています。

──大人になった今、Takumiさんはメンバーと4人で暮らしていますが、今でも1人の時間は苦手ですか?

あんまり得意じゃないですね。1人になったら余計なことばかり考えちゃって。1人にならないために必死にもがいてるというか……。誰かに聴いてもらえないと音楽は届かないし、ライブもお客さんが誰もいなかったらやる意味がない。なんならメンバーがいなかったらバンドができないし。だからこういう活動をすればするほど1人というものに対して過敏になっていってる気がしますね。今、自分にとって1人の時間が有意義で豊かなものになりすぎていたら、この作品は作れなかったと思います。

人間には二面性がある

──それでは順番に楽曲について聞いていきたいと思います。アルバムのオープニングを飾る「御一人様」は曲の展開が面白いですよね。

映画のBGMを意識して、悪役が出てきたときに流れる音楽みたいなセクションを設けたんです。Swimyの楽曲ではファンタジーな雰囲気を大切にしているのですが、「御一人様」は歌詞ではなくてサウンド面でファンタジーな要素を表現したかったので。

──なるほど。

平成のまお(Vo, B)

この曲を作ったとき、僕は1人になりたくないという思いがすごく強かったんです。1人にならないためにはがんばらなきゃならないことが多いじゃないですか。自分のわがままばかり言ってたら、みんなに見放されて1人になってしまうのではないかとか考えると、我慢をいっぱいしなくちゃならなかったり。そんなことはわかっているけど、自分が好きな人やモノがあったときに、それにハマりすぎて周りのことが見えなくなって、空回りすることもあるじゃないですか。何かに夢中になったときの盲目感をこの曲では表現していますね。

──「あなたの愛が私を毒して」というのはつまり、「あなたへの愛が強くなりすぎて、私自身がダメになってしまう」ということなんですね。

そういうことです。「御一人様」を聴いているあなたにとって、この曲がそういう中毒性のあるものになってほしいなという思いも込めています。

──2曲目の「毒と花」は一見毒づいた歌詞ですよね。

毒づいているように見えて、包み込んであげたいという気持ちも見え隠れする曲ですね。孤独は初めから1人だったらそれに気付かずに生きていけると思うんですが、誰かといたときに得た愛を知ってるから孤独を感じる。自分を傷付けるのも、癒やしたり愛してくれるのも人間なので、人っていうものは二面性があるということを歌いたくて。結論的には両方を肯定的に受け止めたいという気持ちなんです。

──自分のための歌でもあるのでしょうか。

ああ、そうですね。今回の6曲はどれも自分に歌ってあげたい曲ばかりです。

「おひとりさま」リリース記念インストアイベント

2016年7月3日(日)
大阪府 タワーレコード梅田NU茶屋町店 店内イベントスペース
START 13:00
内容:ミニライブ+CDジャケットサイン会
2016年7月3日(日)
滋賀県 タワーレコード大津店 店内イベントスペース
START 18:00
内容:ミニライブ+CDジャケットサイン会
2016年7月24日(日)
神奈川県 タワーレコード川崎 店内イベントスペース
START 16:00
内容:ミニライブ+CDジャケットサイン会
2016年7月31日(日)
東京都 タワーレコード新宿 7Fイベントスペース
START 21:00
内容:ミニライブ+CDジャケットサイン会
Swimy(スイミー)
Swimy

2011年に滋賀県で結成されたTakumi(Vo, G)、平成のまお(Vo, B)、みっけ(Vo, Dr)、タイキロイド(G, Cho)からなる4人組バンド。男女混声のトリプルボーカルを武器に、ポップかつキャッチーな楽曲で人気を集めている。テレビアニメ「銀魂°」のエンディングテーマとして書き下ろした楽曲「あっちむいて」を表題曲としたシングルで2016年3月にアリオラジャパンからメジャーデビュー。6月にミニアルバム「おひとりさま」をリリースする。