音楽ナタリー Power Push - スキマスイッチ

カップリングという名の「実験」集大成

スキマスイッチがベストアルバム「POPMAN'S ANOTHER WORLD」をリリースした。13thシングル「アイスクリーム シンドローム」収録の「夕凪」、8thシングル「ガラナ」収録の「スフィアの羽根」といったカップリング曲、さらにボーナストラックとして大橋卓弥(Vo, G, Harmonica)が10代の頃に作った「壊れかけのサイボーグ」、ミニストップのCMにも使用されている新曲「フレ!フレ!」などが収められた本作は、ヒット曲や代表曲をコンパイルしたベスト盤「POPMAN'S WORLD」と対を為す“裏ベスト”と言うべき作品となっている。

今回音楽ナタリーでは大橋、常田真太郎(Piano, Cho, Organ)にインタビューを実施。“実験の場”と位置付けているというカップリング曲に対する考え方、そして、新しいコンセプトを掲げた全国ツアー「スキマスイッチTOUR2016 "POPMAN'S CARNIVAL"supported by MINISTOP」についても語ってもらった。

取材・文 / 森朋之 撮影 / 上山陽介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カップリング=実験場

──シングルのカップリング曲を中心に集めたアルバム「POPMAN'S ANOTHER WORLD」がリリースされます。カップリング曲をまとめたベスト盤を作りたいという思いは以前からあったんですか?

スキマスイッチ

大橋卓弥(Vo, G, Harmonica) ありましたね。シングルをすべて持っている人には必要ないかもしれないけど、カップリング曲をまとめることで聞こえ方が変わってくることもあるだろうし、単純に「便利だな」と思ってくれる人もいるんじゃないかなって。

常田真太郎(Piano, Cho, Organ) こういうカップリングベストみたいなアルバムって、誰もが出せるものではないと思うんですよ。シングルのリリースの枚数も必要だし、「カップリングベストを出してほしい」と望んでもらえる環境がないと出せないので。デビュー10周年のとき以上に「こういう作品が出せるところまで活動してきたんだな」と感じるところが大きいですね。

大橋 僕ら制作者の意図としては、カップリング曲が違う曲につながってることに気付いてほしいというのもあって。シングルのカップリングに関してはずっと“実験室”みたいな感じでやってきたんです。そこでの発見をその後のシングルの表題曲に生かしたこともたくさんあったし、こうやって1つの作品にまとめてみると、自分でも「そういえばこんなことやってたな」って思い出すことが多くて。そのときにやりたいことをちゃんとパッケージできてるなという印象はありました。

常田 曲を作っていたときのスタジオの会話がよみがえってきたり、いろんな記憶がフラッシュバックしてきましたね。特に最初の頃の曲に関しては、すごく野望を持って作っていたので……。

──音楽的な野望ということですか?

常田真太郎(Piano, Cho, Organ)

常田 そうですね。四つ打ちをやらない、落ちサビは使わない、みたいな制約を設けていたこともそうだし(参照:スキマスイッチ「POPMAN'S WORLD~All Time Best 2003-2013~」インタビュー)、そのときの衝動的なアイデアで曲を作ることも多くて。当時はこういうインタビューの場で「この曲ではこういうことをやっていて……」ってしゃべるためにやってたところもあるんですけどね(笑)。

──インタビューのためのネタ作りというか。

常田 そうそう。ちょっと小ずるいですけど(笑)、当時はそんなことばかり考えてた気がします。でも、そうやっていろんなことに挑戦してきたことは、今卓弥が言ったようにその後の作品に生かされていると思うし、自分たちのエネルギーになってるんですよ。デビューのときに「お前らは全部自分でやれ」って言われたことがすごく大きな力になっているというか。

──もしデビューのタイミングでプロデューサーを立てていたら、スキマスイッチのサウンドは違っていたかもしれないですよね。

常田 そのことは今も考えますね。プロデューサーにお願いしていたら、その方の色も加わっていただろうなって。アレンジやサウンドメイクを自分たちでやってきたからこそ、どのようにパッケージしてもちゃんと自分たちの色が出せるんだと思うし、今回のアルバムも“どこを切ってもスキマスイッチです”と言える作品になったんじゃないかなって。キャリアの中で「なんでこの曲をリリースしたんだろう?」という曲は1つもないし。恥ずかしいと思う曲は、リリースする前に止めてますけどね(笑)。でもカップリング曲を実験場にしたのもよかったなって。それは改めて思いましたね。

ベストアルバム「POPMAN'S ANOTHER WORLD」 / 2016年4月13日発売 / アリオラジャパン
初回限定盤 [Blu-spec CD2 3枚組] 4104円 / AUCL-30034~6
通常盤 [CD2枚組] 3564円 / AUCL-204~5
収録曲
DISC 1
  1. 夕凪
  2. スフィアの羽根
  3. ためいき
  4. 電話キ
  5. 石コロDays
  6. Aアングル
  7. 弦楽四重奏のための「ドーシタトースター」
  1. 僕の話-プロトタイプ-
  2. 快楽のソファー(仮)2014 ver.
  3. 夏のコスモナウト
  4. サウンドオブ
  5. 雨は止まない
  6. 小さな手
DISC 2
  1. ハナツ
  2. 1017小節のラブソング
  3. 僕の青い自転車
  4. 青春騎士
  5. さみしくとも明日を待つ
  6. 猫になれ
  1. 君曜日
  2. Bアングル
  3. トラベラーズ・ハイ
  4. 回想目盛
  5. またね。(betsu-oke ver.)

<ボーナストラック>

  1. 壊れかけのサイボーグ
  2. フレ!フレ!
DISC 3 ※初回限定盤のみ付属
  1. 蕾のテーマ
  2. 天白川を行く
  3. 追伸
  4. 花曇りの午後
  5. 安曇野にて
  6. 若葉
  7. ピーカンブギ
  8. 夕間暮れ
  1. ノウムの調べ
  2. Human relations
  3. ガレポンク
  4. フォノグラフ
  5. 10th
  6. 10th-typeII-
  7. ミッドナイト・グッドモーニン!!のテーマ
スキマスイッチ
スキマスイッチ

大橋卓弥(Vo, G, Harmonica)、常田真太郎(Piano, Cho, Organ)のソングライター2人からなるユニット。2003年7月にシングル「view」でデビューして以降、「奏(かなで)」「全力少年」 などヒット曲を次々と生み出す。2013年7月にデビュー10周年を迎え、同年8月には初のオールタイムベストアルバム「POPMAN'S WORLD~All Time Best 2003-2013~」を発表。2016年4月には「POPMAN'S WORLD」と対をなすアナザーベストアルバム「POPMAN'S ANOTHER WORLD」をリリースした。