PrizmaX「yours」 PR

PrizmaX|5つの言葉が紡ぐ「yours」とデビューからの5年

黒川ティム

最初のフレーズが強すぎて、もう「これだな」って

──「yours」を最初に聴いたとき、ティムさんはどんなことを思いましたか?

黒川ティム

ドラマのタイアップが初めてだということがあって、チャンスが回ってきたうれしさと少しの不安の中「どんな感じになるんだろう」と思っていたら、本当にドラマのための曲になっていましたね。ウィンの歌い出しもすごく印象に残るし、自分自身トライしてみたいことがたくさん浮かんできました。だから今回はどういうふうに歌おうか、すごく細かいところまでイメージを付けてからレコーディングに入りました。その心の準備があったので、すごく気分よくできたと思います。

──トライしてみたいことと言うと、具体的には?

最近マライア・キャリーを聴いているんです。僕、喉の形で変わる声の出し方を今勉強しているんですけど、マライアはその使い分けが完璧で。「このテクニックを身に付けたらいいんじゃないかな」と思って自分も工夫している最中で。で、「yours」に関しては1サビは強い感じの声で歌うんですけど、そこから2番に入った瞬間に静まって自分に問いかけているかのように歌う、その差だったり。すっごくシンプルに言うと声量の調整なんですが、声の出し方は細かく気を遣っています。

──なるほど。では歌詞については、ティムさんはどう解釈しましたか?

基本僕は歌詞に書かれているキャラクターになりきって歌うんですけど、この曲歌詞の候補が2つあって。使われなかった歌詞のほうが、僕の気持ちに近かったんですよ。けれど人の耳に入る言葉としてどちらのほうが気持ちいいか?っていうところで選ぶと、今使われているほうだった。あとはやっぱり「愛してるだけじゃキミはたりない」って言う最初のフレーズが強すぎて、もう「これだな」って。「人生にたった一度だけの 大切な愛が訪れる」っていうパートも好き。僕は惚れっぽいからそのワンフレーズだけで気持ちの入り方が違うし、歌ってるのはウィンなんですけど(笑)、それでも十分に歌の世界に入れます。

──ティムさんはウィンさんのボーカルについて、どんな思いを持っていますか?

ウィンはね、ライバルですよ、本当に。PrizmaXが始まったときから「コイツよりうまくなりたい」って思いはお互いにあると思う。彼がうまく歌っていたら悔しさがあります。でもあえてそれを口に出すことはないし、気付いたことに関しては言える範囲で言うし、ウィンも思っていることを言うし。そういうのがあるから2人とも成長していけるんだと思う。何か言われたからといってそれで彼を嫌いになるわけではないし、逆により好きになったりしますから。不思議ですよね。

──ウィンさんも同じようなことを言ってました。

マジっすか(笑)。でもウィンは楽器ができるから、キーの安定感がすごいんですよ……俺にはそれがない。悔しいですよね、めちゃくちゃ。まあ本人には言わないですけどね。

誰もリーダーの話なんて聞かないです!

──では、ほかのメンバーに関してはどうですか?

黒川ティム

メンバーがどんな存在か表現するのって難しいんですよね……家族って表現することもあるけど、仕事仲間でもあるし。だって家族と仕事仲間って、全然違うじゃないですか。家族だったらストレートに言うことも、仕事仲間には気を遣うし。だからPrizmaXは難しいんです。どこまでの線引きをしたらいいのか。お互いをリスペクトしたうえで、成長していくためにハッキリ言ったほうがいいときは思いを伝えないといけないし。でも今は、いい感じにバランスが取れてるんじゃないかなと思います。驚くくらいみんな性格が違うんで、それがいいバランスになっているんじゃないかなって。あと、みんな大人だしね。まあ翼はまだ子供っていうイメージはあるんですけど(笑)、1人ひとりの個性からいろんなことを学んでます。

──ティムさんはリーダーですが、リーダー的な目線で引っ張っていこう!みたいな気持ちは強いですか?

あの、聞いてください。10年以上一緒にやってたら、誰もリーダーの話なんて聞かないです!(笑) もう、みんな芯が強すぎて。リハを仕切ったりとかそういう役割はありますけどね。ホント、誰も聞いてないですから。

──あはははは(笑)。

でもこれはPrizmaXに限らずですよ、EBiDANみんなそう。自分自身、先輩ぶるのが嫌いだからなのかもしれないけど……みんなが楽しくなきゃいいものができないって思ってるタイプだから、超特急やDISH//のメンバーがまだすごく若かったときから上下関係を気にせず接しているんですけど、M!LKのメンバーとかスパドラ(SUPER★DRAGON)のジャンとか、「よっ!」みたいな感じで来ますからね(笑)。でもそれがその子のよさなのであれば、いいじゃないですかっていう気持ちです。

──後輩もめちゃめちゃ多くなってきていますもんね。

みんなすごいがんばってますよ。1つだけ言えるのは、みんないい子。それだけ! 本当に。

──活動歴で言うとそれこそ10年以上と歴史も深いですが、CDデビューしてからはちょうど5年です。2018年、ティムさん的に「こうしたい」というビジョンがあれば教えてください。

黒川ティム

去年の日本青年館のライブを終えて僕が感じたことは、1人ひとりがパワーを発すれば、それがグループにとっての大きなパワーになるんじゃないかな、ということ。僕らこれだけキャラクターが違うんだから、それぞれのよい部分を思い切り発揮していきたいなって、そういう意識が強いですね。例えばウィンのおちゃらけキャラをもっとみんなに知ってほしい、とかね。とにかく違う色を発する5人をいろんな人に見てほしいです。あとは、もっともっと自分たちの曲にプライドを持って、ステージの上からみんなにいい音楽を届けたいです。僕らの核にあるのは音楽で、音楽でどれだけみんなを幸せにできるかっていうのが5人の夢なので……ライブですね。とにかくライブが一番大事です。

──今後こういったライブをしたい、みたいな希望はありますか?

日本青年館のライブではグループ解散の設定でホリックを悲しませたりしちゃったんで……やっぱり、悲しませたくないな。設定だとしても現実をイメージしてしまって、みんなすごい悲しんでたから。握手会とかでその気持ちを聞いて、「すっごいひどいことしちゃったな、俺たち」って思ったんですよ。すてきな演出だったとは思うけど、一番大切な存在を悲しませてどうするって。だから俺、約束したんです。「次のワンマンでは思いっきり楽しませるからね、ポジティブにいくね」って。なのでそういうライブにしたいなって思います。僕ら大人ならではの楽しさを表現できたらいいですね……もうごめんねって、本当にそう思った!(笑)

PrizmaX「yours」
2018年2月14日発売 / SDR
PrizmaX「yours」TYPE-A

TYPE-A [CD]
1000円 / ZXRC-1132

Amazon.co.jp

収録曲
  1. yours
  2. Memory
PrizmaX「yours」TYPE-B

TYPE-B [CD]
1000円 / ZXRC-1133

Amazon.co.jp

収録曲
  1. yours
  2. Are you ready?
PrizmaX「yours」TYPE-C

TYPE-C [CD]
1000円 / ZXRC-1134

Amazon.co.jp

収録曲
  1. yours
  2. 夢唄
PrizmaX Hall Tour Level7 ~FUSION~
  • 2018年6月2日(土)大阪府 NHK大阪ホール
  • 2018年6月16日(土)千葉県 市川市文化会館
PrizmaX(プリズマックス)
PrizmaX
黒川ティム、森崎ウィン、清水大樹、福本有希、島田翼の5人からなるダンス&ボーカルユニット。スターダストプロモーションに所属するアーティスト集団「EBiDAN」の“兄貴分”として活動している。2013年3月に1stシングル「Mysterious Eyes / GO!」でCDデビュー。2015年9月にリリースされた6枚目のシングル「Lonely summer days」はオリコン週間シングルランキングで7位を獲得し、同年12月に東京・AiiA Theater Tokyoにて行われたワンマンライブを成功に収める。2016年4月に日本テレビ系「バズリズム」のオープニングテーマ、およびテレビ東京系「プレミアMelodiX!」のエンディングテーマを表題曲とするシングル「UP<UPBEAT」を発表。2017年には1stアルバム「Gradually」をリリースする。2018年2月に、テレビ朝日系土曜ナイトドラマ「明日の君がもっと好き」の主題歌をリードトラックに据えた9thシングル「yours」を発売。4月には森崎が出演したスティーヴン・スピルバーグ監督の映画「レディ・プレイヤー1」の公開を控えている。